新型コロナウイルスの流行に伴うイベントの開催可否について

がん全般のピックアップ


  • [公開日]2018.08.20
  • [最終更新日]2019.01.11

がん全般のニュースをご紹介しています。

中村紘子さんの闘病に学ぶ がんとともに生きる

2016.08.16

  • ピックアップ

世界的ピアニストの中村紘子さんが、2016年7月26日に大腸がんのため亡くなった。72歳だった。 大腸がんになってもピアノを演奏することにこだわり、9月にはコンサートを予定していた中村さん。誕生日(7 ...

フットサルで(1)「必ず戻る」入団6年目に肺がん診断

2016.08.16

  • ピックアップ

日本フットサルリーグ(Fリーグ)の湘南ベルマーレに所属する久光重貴(ひさみつしげたか)選手(35)は今年7月、神奈川県寒川町での練習を終えると、電車で千葉市の千葉大学病院に向かった。久光さんは一線で活 ...

人工知能が病名突き止め=国内初、白血病患者の治療貢献-東大医科研

2016.08.15

  • ピックアップ

東京大医科学研究所が臨床研究を進める医学論文2000万件以上を学習した人工知能(AI)が、医師の診断では分からなかった白血病患者の病名を突き止め、治療方法を変えた結果、容体が回復していたことが分かった ...

乳がん検診、“マンモ・超音波の先”へ

2016.08.15

  • ピックアップ

「マンモグラフィーによる検査だけでは乳がんを見落とす可能性がある」――。2015年5月に、最先端の乳がん治療などを行う女性医療センターの設立・運営に関するパートナーシップを締結したシーメンスヘルスケア ...

「がん」にかかった時の自己負担額はいくら?

2016.08.15

  • ピックアップ

もし自分や家族ががんになったら……。もちろん命の心配が一番だが、すぐに頭をもたげるのは費用のことである。保険である程度はまかなえても、がんのステージによってかかる費用が異なるし、退院した後も意外な費用 ...

アルゼンチタンゴが、がん治療後のバランス障害回復に効果

2016.08.15

  • ピックアップ

オハイオ州立大学の学際的研究チームは、ダンス(特にアルゼンチンタンゴ)が治療の一環として、末梢神経障害を伴うがん患者の平衡感覚を大幅に改善し、転倒のリスクを軽減する可能性があるという、新しい研究結果を ...

FDAがSurePath保存液でのHPV検査を承認

2016.08.15

  • ピックアップ

米国食品医薬品局(FDA)ニュース 米食品医薬品局(FDA)は本日、Roche社のヒトパピローマウイルス(HPV)検査システムであるcobas HPV Testで、パップテストで得られた子宮頸部細胞を ...

ダビンチ手術を8Kで撮影、「触覚を得たかのよう」

2016.08.15

  • ピックアップ

NTT東日本関東病院 泌尿器科 医師の杉本真樹氏と同科部長の志賀淑之氏らのグループは2016年8月上旬、8K(8000×4000画素級)カメラを取り付けた内視鏡でロボット支援手術を撮影することに成功し ...

癌に冒されながら医療改革に奔走した元ミス日本

2016.08.15

  • ピックアップ

7月30日、私どもの研究所の一員である吉野ゆりえさんが亡くなった。享年48才だった。  吉野さんは多才な人だった。筑波大学国際関係学類在学中に「ミス日本」に選出された。また、社交(競技)ダンスのプロと ...

トンデモ医療に引っかからないために(上)患者さんを利用したビジネスは「人権無視の人体実験」

2016.08.15

  • ピックアップ

がん患者さんにとって、10年くらい前までは、がん情報を探すのが大変でした。 逆に、現在では、洪水のように、がん情報があふれています。 どうやって正しいがん情報にアクセスしたらよいのでしょうか? 利用す ...