腎細胞がん/腎がんの患者さん対象のインタビュー調査にご協力ください

がん全般のピックアップ


  • [公開日]2018.08.20
  • [最終更新日]2019.01.11

がん全般のニュースをご紹介しています。

いつか、パパやママになりたい。若年性がん患者さんの夢を未来へ

2019.05.20

  • ピックアップ

みなさんは、がん治療時に行なわれる、化学療法やホルモン療法、放射線療法、骨髄移植(造血細胞移植)等の副作用で、「髪の毛が抜ける」等の身体的変化以外、どういった影響があるかを知っていますか?「妊孕性(に ...

AYA世代の日々 がんとともに生きる(4)治療後の人生を考える

2019.05.17

  • ピックアップ

若年性乳がんの患者支援団体「ピンクリング」代表の御舩(みふね)美絵さん(40)は、平成22年、結婚直前の31歳のときに乳がんを告知された。AYA世代(思春期・若年成人)のがん患者は、闘病と結婚や出産な ...

25歳・大山亜由美さん死去 がん闘病1年…芸能事務所オスカーと契約、長身美人ゴルファー

2019.05.17

  • ピックアップ

女子ゴルフの大山亜由美(おおやま・あゆみ)さんが16日午後1時42分、がんのため鹿児島市内の病院で死去した。25歳の若さだった。鹿児島市出身。通夜は17日午後6時、葬儀・告別式は18日正午、鹿児島市郡 ...

医師国家試験を解いてみよう。「がん検診の有効性を示す根拠はどれ?」

2019.05.17

  • ピックアップ

がん検診にまつわる誤解は根深く、医師でもけっこう間違えている人がいます。ただ、医師国家試験にがん検診が有効である根拠を問う問題が出題され、若い世代の医師はがん検診の疫学をより正確に理解しているものと思 ...

がん治療のセカンドオピニオン提供サービスを保険商品のオプションに

2019.05.17

  • ピックアップ

リーズンホワイは、がん治療におけるオンラインでのセカンドオピニオン提供サービス「Findme」を展開している。オンライン上で主治医の紹介状と相談内容を提供すれば、他の専門医かセカンドオピニオンが届くと ...

がん研究 寄付金で支援を

2019.05.16

  • ピックアップ

11日に開かれた、イベント。みんな、思い思いに「C」を消しています。これは「deleteC(デリート・シー)」プロジェクトといって、がんの頭文字「C」を消す、つまり、がんを治せる病気にしようという意味 ...

5年で2800人超が出産 がん経験した女性

2019.05.16

  • ピックアップ

がんを経験後、出産した女性が、2011~15年に全国で少なくとも2844人いたことが、日本医療研究開発機構の研究班による初の実態調査で分かった。治療の影響で妊娠しにくくなる事態に備えた卵子や受精卵の凍 ...

がんに襲われた大学生ラガーマン。わずか1年で克服し、プロの道に。

2019.05.15

  • ピックアップ

ジャージーの下に背番号「7」。当時の近大主将で、大阪桐蔭高でも同期だった喜連航平(きれ・こうへい/現NTTコミュニケーションズ)は、田中が最初にがんを告白した仲間だ。近大はリーグ戦を7位で終え、負けれ ...

がんの血液検査「腫瘍マーカー」

2019.05.15

  • ピックアップ

年齢を重ねることはがんの危険因子だ。人間、歳をとればとるほど、がんのリスクは高くなる。それを社会として捉えると、高齢化が進めば進むほど、がん患者は増えることになる。 続きを読む http://ur0. ...

“がん”になったとき 知っておきたい事

2019.05.14

  • ピックアップ

二人に一人が、“がん”になる時代。告知を受けた際に戸惑わないように、治療法、治療費、保険などの給付、心のケアに関する知識を具体例を示しながらお伝えする。“がん”になったとき、どういうルートでどんな治療 ...