ニュース

進行腎細胞がん 免疫チェックポイント阻害薬オプジーボ ついに日本で承認申請

2015.12.13

  • ニュース

■この記事のポイント ・免疫チェックポイント阻害薬PD-1抗体オプジーボが腎細胞がん適応にて日本にて承認申請。 ・スーテントなどの血管新生阻害剤の治療歴を有する進行腎細胞がんが適応対象。 ・米国では申 ...

乳がん 手術後の補助療法としてゼローダが有効な可能性 SABCS2015

2015.12.13

  • ニュース

■この記事のポイント ・手術にてがんが完全に取り除けなかった乳がん患者に対するゼローダを追加する試験結果を発表。 ・ゼローダを追加すると再発リスクを30%減少、5年後までの死亡リスクも40%軽減。 ・ ...

前駆B細胞急性リンパ性白血病 標準化学療法へのリツキサン上乗せは有効を示唆 ASH2015

2015.12.09

  • ニュース

■この記事のポイント ・CD20というタンパク質が発現している前駆B細胞急性リンパ性白血病患者は30~50%。 ・この患者に標準的な抗がん剤治療に分子標的薬であるリツキサンを上乗せした場合の有効性を証 ...

治療歴を有す多発性骨髄腫 SLAMF抗体エロツズマブ 米国承認

2015.12.02

  • ニュース

■この記事のポイント ・SLAMF7抗体エロツズマブが治療を受けたことのある多発性骨髄腫にて米国で承認 ・エロツズマブはナチュラルキラー細胞活性を有する。多発性骨髄腫適応として、初の免疫刺激抗体となる ...

がん患者のための医療フォーラム 来年8月6日、7日開催決定 東京日本橋にて

2015.12.01

  • ニュース

12月1日、特定非営利活動法人キャンサーネットジャパンは、2016年8月6~7日に、がんを「知り」「学び」「集う」ことを目的とした、がん患者のための医療フォーラム「JapanCancer Forum ...

医薬品第二部会 非小細胞肺がんオプジーボ 多発性骨髄腫レブラミド等 効能了承

2015.11.30

  • ニュース

11月30日、厚生労働省は薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会を開催して、進行非小細胞肺がんのオプジーボ、多発性骨髄腫のレブラミド、皮膚T細胞性リンパ腫がタルグレチンが了承されました。

がんによる体重減少 アナモレリンが有用な可能性 日本肺癌学会

2015.11.30

  • ニュース

11月26日~28日に実施した第56回日本肺癌学会学術集会のプレナリーセッション(本会議にて最も重要な演題発表の1つ)にて、「非小細胞肺がんに伴う悪液質に対するONO-7643(アナモレリン)第2相試験」の

肺扁平上皮がん ネダプラチン(アクプラ)+タキソテールが生存期間を延長

2015.11.29

  • ニュース

11月26日~28日に実施した第56回日本肺癌学会学術集会のプレナリーセッション(本会議にて最も重要な演題発表の1つ)にて、「肺扁平上皮がんに対して、ドセタキセル(タキソテール)にネダプラチン(アクプラ)

腎がん 免疫チェックポイント阻害薬オプジーボが申請から約2週間足らずで米国承認

2015.11.25

  • ニュース

■この記事のポイント ・免疫チェックポイント阻害薬PD-1抗体オプジーボが進行腎細胞がん適応にて米国で承認 ・承認申請から約2週間という短さでスピード承認は異例 ・申請に使用したデータは日本も含まれる ...

オプジーボ/レンビマ 重大副作用の注意喚起等を追記 厚生労働省が指示

2015.11.24

  • ニュース

11月24日、厚生労働省は医薬品医療機器総合機構(PMDA)を介して、免疫チェックポイント阻害薬 抗PD-1抗体「ニボルマブ(商品名オプジーボ)」について、添付文書(医療関係者用の説明書)の重大な副作 ...

再発又は難治性の多発性骨髄腫 エロツズマブ 希少疾病用医薬品指定

2015.11.24

  • ニュース

11月19日、厚生労働省は抗SLAMF7抗体エロツズマブについて「再発または難治性の多発性骨髄腫」適応にて、希少疾患用医薬品に指定したことを周知しました。 エロツズマブは抗SLAMF7抗体となります。 ...

子宮頸がん ハイカムチン 適応承認取得

2015.11.23

  • ニュース

 11月20日、日本化薬株式会社は、トポイソメラーゼ阻害薬であるノギテカン(商品名ハイカムチン)が「進行又は再発の子宮頸癌」の効能・効果追加を承認取得したと発表しました。    ハイカムチンは、学会等 ...

胃がん 手術後の補助療法としてエルプラット+ゼローダ併用療法承認

2015.11.23

  • ニュース

 11月20日、ヤクルト本社と中外製薬は、プラチナ製剤であるオキサリプラチン(商品名エルプラット)と5FU系薬剤であるカペシタビン(商品名ゼローダ)の併用療法について、胃がんにおける術後補助化学療法( ...

HER2陽性乳がん タイケルブ アロマターゼ阻害薬との併用を承認取得

2015.11.23

  • ニュース

11月20日、グラクソ・スミスクライン株式会社は、EGFRおよびHER2チロシンキナーゼ阻害薬であるラパチニブ(商品名タイケルブ)について、がん細胞上にHER2タンパク質が過剰に確認された手術不能又は再発乳がんにおいて

甲状腺髄様がん カプレルサ/前立腺がん、乳がん リュープリンPRO / 悪性軟部腫瘍 ヨンデリス 発売へ

2015.11.20

  • ニュース

11月18日、厚労省の中医協・総会は新薬19製品を11月26日に薬価収載することを決定したと発表しました。 うち、がん関連は3種(診断薬除く)。 甲状腺がんの内、希少タイプである甲状腺髄様がん適応とし ...

非小細胞肺がん 第3世代EGFRチロシンキナーゼ阻害薬AZD9291 米FDA承認

2015.11.17

  • ニュース

 10月13日、米アストラゼネカ社は、AZD9291(oslimertinib;オスリメルチニブ、米国販売名TAGRISSO;タグリッソ)が、EGFRチロシンキナーゼ阻害薬にて病態進行が確認された方のうち、EGFR T790M変異陽性の

11/30 医薬品第二部会開催 オプジーボ 承認事項一部変更の承認可否を審議予定

2015.11.16

  • ニュース

11月16日、 厚生労働省 医薬・生活衛生局審査管理課は、11月30日に開催される薬事・食品衛生審議会 医薬品第二部会について審議内容のお知らせがありました。 その内容について、議題4として「医薬品オ ...

進行胃がん二次治療 タキソール+サイラムザを推奨 胃癌治療ガイドライン

2015.11.13

  • ニュース

10月初旬に、日本胃癌学会は「進行胃がん治療におけるラムシルマブ(サイラムザ)に関する日本胃癌学会ガイドライン委員会のコメント」を発表しました。

非小細胞肺がん 第3世代EGFR-TKI AZD9291日本で優先審査品目指定

2015.11.09

  • ニュース

11月06日、アストラゼネカ株式会社は、EGFR T790M変異陽性の非小細胞肺がん治療薬「AZD9291」について、2015年10月29日に厚生労働省より優先審査品目に指定されたことを発表しました。

医薬品第二部会 ゼローダ、エルプラット、ハイカムチン、タイケルブの追加効能を了承

2015.11.02

  • ニュース

10月29日、厚生労働省は薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会を開催して、以下の効能追加を了承しました。◆カペシタビン(商品名ゼローダ)およびオキサリプラチン(商品名エルプラット) 胃がんの術後補助化学療法としての使用を了承。