新型コロナウイルスの流行に伴うイベントの開催可否について

ピックアップ

乳がん撲滅へ希望の光 23日夜から横浜・鎌倉8施設で

2016.09.26

  • ピックアップ

乳がん撲滅に向けて早期発見・早期治療の普及啓発を図ろうと、横浜ベイブリッジなど横浜、鎌倉両市内にある計8施設ライトアップが23日から始まる25日まで「ピンクリボンかながわ」の主催。 ピンク色にライトア ...

海外承認済み、国内未承認の抗がん剤リスト更新(2016年7月時点) 日本未承認は50剤、32剤が月の薬剤費100万円超

2016.09.26

  • ピックアップ

国立研究開発法人 国立がん研究センター(理事長:中釜斉、所在地:東京都中央区、略称:国がん)先進医療評価室(室長:藤原康弘)は、2015年4月より公開している「国内で薬事法上未承認・適応外となる医薬品 ...

柴咲コウがトレードマークの黒髪をバッサリ その理由に賞賛の声集まる

2016.09.26

  • ピックアップ

長く美しい髪が自慢の女優・柴咲コウさんが、その髪をばっさり切ったことが話題になっています 柴咲さんの切られた髪の写真がInstagramで投稿されたところ、三日間で約20万近い「いいね」がつきました。 ...

適正体重でがんリスクは低下、肥満ではリスク増大

2016.09.26

  • ピックアップ

欧州臨床腫瘍学会(ESMO) プレスリリース 国際がん研究機関(IARC)は、過体重/肥満がこれまでに考えられていたよりも多くのがん部位の危険因子であることを見出した。 IARCがん予防ハンドブックプ ...

小野薬が続伸、EMAが「オプジーボ」の進行膀胱がんに関する適応追加の承認申請を受理

2016.09.26

  • ピックアップ

小野薬品工業が続伸。米ブリストル・マイヤーズ スクイブ社が20日、EMA(欧州医薬品庁)が「オプジーボ」の進行膀胱がんに関する適応追加の承認申請を受理したと発表しており、業績への貢献を期待した買いが入 ...

増えるがんサバイバーの「高齢化と併存症」、米が直面する新たな課題

2016.09.26

  • ピックアップ

革新的ながん研究の支援を目的とする慈善プログラム「The Stand Up to Cancer(SU2C、スタンド・アップ・トゥ・カンサー)」は8年前の立ち上げからこれまでに、3億7,000万ドル(約 ...

患者悩ます脱毛、皮膚の変色 がん治療の副作用 「外見ケア」に初の指針

2016.09.23

  • ピックアップ

がんの治療の副作用で脱毛や皮膚の変色など外見の変化に悩む患者は少なくありません。こうした患者に適切な「外見ケア」の情報を提供してほしいと、医学や看護、心理や美容などの専門家が医療者に向けたケアの指針を ...

厚労省 化学工場で7人が膀胱がん発症と発表

2016.09.23

  • ピックアップ

厚生労働省は、発がん性があると見られる化学物質を扱っていた化学工場で、従業員など7人が相次いで膀胱がんを発症していたと発表し、国内の化学メーカーで作る団体などに対策の徹底を要請しました。 厚生労働省に ...

普通の生活に戻るがんサバイバーもいていいと思う

2016.09.23

  • ピックアップ

 「がんと就労」をテーマにした連載「がん、そして働く」に、読者のみなさんから経験談がメールで寄せられています。みなさんが抱えている悩みや経験は多岐にわたります。「読者から」として、随時紹介していくこと ...

ノーベル賞候補に日本人3人…米調査会社が予想

2016.09.23

  • ピックアップ

米情報調査会社トムソン・ロイターは21日、今年のノーベル生理学・医学賞と化学賞の有力候補者に、日本人計3人を選んだと発表した。  生理学・医学賞の候補者は、免疫細胞の働きを抑制するたんぱく質「PD―1 ...

日米韓保健相“がん撲滅へ協力関係”で一致

2016.09.21

  • ピックアップ

アメリカ・ニューヨークで19日、塩崎厚生労働相は初めての日米韓3か国の保健相会合に臨み、がんの撲滅に向けて、がん治療を共同研究したり、データを共有したりするなど協力関係を結ぶことで一致した。 アメリカ ...

小林麻央 がんの進行状況明かす「肺や骨などに転移あり」

2016.09.21

  • ピックアップ

 乳がんで闘病中のフリーアナウンサー、小林麻央(34)が20日、自身のブログを更新。生体検査の結果告知日の心境と、現在のがんの進行状況について明かした。 麻央は「告知日」のエントリーでブログを更新。「 ...

医薬品の広告ーMDアンダーソンOncoLog8月号House Call

2016.09.21

  • ピックアップ

処方薬の広告に関する注意点 テレビや雑誌を見ていて、処方薬の広告を目にしたことがあるのではないでしょうか。このような広告は、特定の疾患に対する認識を高める効果がある一方で、内容については割り引いて受け ...

過去最高42.3兆円 医療費・大幅増の「主犯」とは

2016.09.20

  • ピックアップ

いま医療費が増え続けているというのは、みなさんご存知だと思います。先日、2015年度の国民医療費が発表され、過去最大の42.3兆円(総額)になると見込まれていることがわかりました。 もはや金額が膨大過 ...

がん細胞、AIで画像判定 信州大や阪大

2016.09.20

  • ピックアップ

手術で切除した組織の中にどれくらいがんが広がっているかを調べる病理診断を、人工知能(AI)を使って迅速化する研究が進んでいる。組織の顕微鏡画像をAIで解析してがんの疑いが強い細胞を見つけ出し、病理医が ...

若い世代に多いがん 原因となる遺伝子を発見

2016.09.20

  • ピックアップ

15歳から39歳までの若い世代に多いがん、B細胞性急性リンパ性白血病は、これまで原因がほとんどわかっていませんでしたが、東京大学などの研究グループが、がんの原因となる遺伝子を発見し、新たな治療法の開発 ...

働き盛りの「がん」、悩みはこんなに複雑だ

2016.09.20

  • ピックアップ

会社や家族と、何をどうすり合わせるべきか 砂川さんも「働けるのに治療前に自主退職してしまう方が多い」と指摘し、「がんになっても、休職などの制度も上手に活用し、今の職場を辞めないことが望ましい」と言いま ...

初期の前立腺がん 治療の有無で生存率にほぼ差なし

2016.09.20

  • ピックアップ

初期の前立腺がんと診断され、その後、手術などを受けた人たちの10年後の生存率は、積極的な治療を控えた人たちとほぼ差がなかったことが、イギリスの研究グループの長期にわたる追跡調査でわかり、グループは、治 ...

梅宮辰夫、11時間に及んだ“がん手術”を語る 「秋ドラマには出る」

2016.09.16

  • ピックアップ

あの日焼けした顔と恰幅の良さを見ると、病気とは無縁に思える。俳優の梅宮辰夫(78)のことだが、彼も寄る年波には勝てない。今年2月に肺炎を患い、生死を彷徨(さまよ)ったという。そして、今再び重病説が流れ ...

ベネトクラックスが急性骨髄性白血病に効果

2016.09.16

  • ピックアップ

米国がん学会(AACR) プレスリリース 再発または化学療法に耐性がある急性骨髄性白血病(AML)患者、もしくは化学療法に対する忍容性がないと考えられるAML患者において、選択的BCL-2阻害剤ven ...