ピックアップ

たばこ関連企業・団体資金で論文投稿は「不受理」 – 日本呼吸器学会、禁煙推進順守で

2017.06.27

  • ピックアップ

日本呼吸器学会は20日、たばこ関連企業・団体からの資金によって作成された論文の投稿を「不受理」とする見解をホームページに掲載した。同学会がたばこ関連企業・団体として認定した日本たばこ産業(JT)とその ...

アプリ内課金で募金額1.5億円を達成!がん患者支援団体によるドネーション・ゲームアプリ

2017.06.27

  • ピックアップ

ポーランドでは毎年10万人が新たにがんと診断され、国全体では50万人が闘病生活を送っています。彼らに必要なのは同情ではなく、病気と闘う“武器”となる薬や治療のための費用です。がん患者支援団体の「Ali ...

美容業界 がん患者支援の動き

2017.06.21

  • ピックアップ

抗がん剤などの副作用で髪の毛や眉毛が抜けるといった外見の変化に悩む患者を支えていこうと、医師と美容師が一緒に勉強会を開いたり美容師が集まり患者が通いやすい美容院を整備したりていこうという動きが広がって ...

[田部井政伸さん] 最後は病室から山へ

2017.06.21

  • ピックアップ

女性として世界で初めてエベレスト登頂に成功した登山家の田部井淳子さんが昨年10月、腹膜がんで亡くなりました。命ある限り山に向かい続けた淳子さんを支えたのは、生涯の登山仲間でもある夫の政伸さんでした。「 ...

神戸のコーヒー店「ランドメイド」1周年 小児がん専門治療施設を支援

2017.06.21

  • ピックアップ

20歳から日本骨髄バンクにドナー登録していた上野さんは、入院中に神戸ポートアイランド内にある小児がん治療中の子どもとその家族のQOLに配慮した国内初の専門施設「チャイルド・ケモ・ハウス」の存在を知る。 ...

4人に1人は「がん」で死亡する時代…40代だって他人事じゃない。その割合は“何パーセント”?

2017.06.21

  • ピックアップ

40代ともなると、自分の身の回りでも「がん」の病名を耳にすることが増えてくるだろう。同年代の知人が「がん」になったなどと噂に聞けば、徐々に自分の体調への不安も膨らんでくるかもしれない。その「実態」と「 ...

人工知能のWatsonが提案するがんの治療法、専門家グループの判断と最大96%一致

2017.06.20

  • ピックアップ

米IBMは2017年6月1日(現地時間)、がん診断支援システム「Watson for Oncology」と治験マッチングシステム「Watson for Clinical Trial Matching( ...

がん患者に子ども持てる可能性を 初の指針

2017.06.20

  • ピックアップ

がん患者が、抗がん剤などの治療が原因で生殖能力を失い、治療後に子どもを持てなくなる事態を防ごうと、日本癌治療学会は、抗がん剤の使用前に卵子を取り出して凍結保存するなどの対策や、手順を具体的に定めた初め ...

フー・ファイターズのデイヴ・グロール、癌で妻を亡くしたファンにメッセージを送る

2017.06.20

  • ピックアップ

デイヴ・グロールは、長期にわたる癌との闘病の末に亡くなったデヴォン在住のフー・ファイターズ・ファンである女性教師の夫に感動的なメッセージを送って見出しを賑わせている。 続きを読む http://nme ...

東京生まれ東京育ちの医師が決断した地方での新たなキャリア

2017.06.20

  • ピックアップ

都内では充足している血液内科医。その一人である森甚一先生は都内医療機関の内定を辞退し、福島県いわき市にある常磐病院の血液内科新規立ち上げに携わり、常磐病院の常勤医として東京から通勤しています。そんな森 ...

難治性がんの就労 アンケートからみえること

2017.06.20

  • ピックアップ

皆さんは「難治性がん」という言葉をご存知でしょうか?難治性のがんって転移したがんのこと?早期発見が難しいがん?薬が効きにくいがん?実は乳がんや胃がんなど患者さんの数が多いがんでも、「難治ながん」はあり ...

胃がん大腸がんより気づきにくい! 注意したい「頭頸部がん」

2017.06.20

  • ピックアップ
  • 未分類

頭部の鼻から喉にかけて発生するがんは頭頸部(とうけいぶ)がんと総称される。進行した頭頸部がんは5年以内に7割以上が死に至る。治療薬の進歩が乏しかったが、今年3月に免疫療法薬「オプジーボ」が承認され、注 ...

アメリカン航空、がん研究発展に100万ドルを寄付 6月購入の航空券で

2017.06.16

  • ピックアップ

アメリカン航空は10日、がん治療の画期的な研究を発展させることを目指した寄付団体「スタンドアップ・トゥー・キャンサー」に100万ドルを寄付したと発表しました。 続きを読む http://flyteam ...

がん登録・統計 年次推移

2017.06.16

  • ピックアップ

がんの死亡数と罹患数は、人口の高齢化を主な要因として、ともに増加し続けている。人口の高齢化の影響を除いた年齢調整率で見ると、がんの死亡は1990年代半ばをピークに減少、罹患は1980年代以降増加してい ...

ワイドショーの「がんが早期発見できてよかった」というコメントについて考える

2017.06.15

  • ピックアップ

芸能人のがん罹患のニュースが相次いでおり、驚きを持って受け止めた人も多かったのではないでしょうか。気になることは、この件がワイドショーやネットニュースなどで報道されるたびに、「早く見つかってよかった」 ...

小児がんとの闘いを支える 「生まれてよかった」のために

2017.06.15

  • ピックアップ

日本で年間2000~2500人、割合では1万人に約1人に発症する小児がん。そうした子供たちをディズニーランドなどに招待する活動を続ける団体がある。代表者は「たとえ助からない命でも『生まれてきてよかった ...

「がん登録」活用で患者団体と協定 生存率など年内公開

2017.06.15

  • ピックアップ

全国がん患者団体連合会と日本がん登録協議会は9日、患者の診療情報を収集する「がん登録」のデータを患者向けに分かりやすく情報提供するため連携することで協定を結んだ。地域ごとの発症率や早期診断の割合、病院 ...

末期がんの父親のために 娘の卒業式が病院で行われる

2017.06.15

  • ピックアップ

米インディアナ州フロイド郡で、末期のがんに侵された父親のために娘の友人とボーイフレンドが学校と病院側に掛け合い、6月4日の高校の卒業式を少し早めて病院で行った。 続きを読む http://japan. ...

がん患者就労継続へ手引書 国立がん研など、主治医ら向けに意見書の要点まとめ

2017.06.15

  • ピックアップ

がん患者が無理なく仕事を続けるために医療者ができる支援策を解説した手引書を、国立がん研究センターなどの研究班がまとめた。主治医が患者の勤務先に提出する意見書の書き方などに重点を置いている。 続きを読む ...

過去にアスベスト使用の公営住宅 全国に2万戸以上

2017.06.13

  • ピックアップ

発がん性のあるアスベストが過去に使われていた公営住宅が、全国で少なくとも2万2000戸に上ることが、NHKなどの調査で初めて明らかになりました。専門家はアスベストを吸い込んだ可能性のある人は23万人余 ...