新型コロナウイルスの流行に伴うイベントの開催可否について

ピックアップ

アートネイチャー がんになった社員を全社で支援

2016.08.29

  • ピックアップ

もし今、自分ががんにかかったら……。考えてみたことはありますか? そのとき家族は、生活は、経済面は? 仕事は続けられるのでしょうか。  社員が治療をしながら働き続けるために、企業サイドからサポートを行 ...

クリニックのがん治療に、一言申す

2016.08.29

  • ピックアップ

こんばんわ。 仕事してたらこんな時間(汗) やばい、寝ないと。 最近、本当にセカンドオピニオンや電話でのお問い合わせが増えてます。 (申し訳ありませんが、電話でのご相談は5分以内にお願いします、患者さ ...

免疫チェックポイント抗体治療に対する「姥捨て山」論の愚

2016.08.29

  • ピックアップ

米国では、CTLA-4抗体、PD-1抗体、PD-L1抗体の3種の免疫チェックポイント抗体薬が承認され、これ以外の抗体治療薬の開発も進んでいる。抗体医薬の他にも、免疫抑制に働く、IDO(Indoleam ...

新薬使用、指針作り体制強化…厚労省、所管組織増員へ

2016.08.29

  • ピックアップ

 高額な新薬の相次ぐ登場を受け、適正使用の指針作りのため、厚生労働省は同省所管の「医薬品医療機器総合機構」の人員を増強する方針を固めた。  新薬の使用に適した患者の条件などを専門職員が分析し、指針にま ...

進化する遺伝子治療 がんも対象に

2016.08.29

  • ピックアップ

1990年に世界で初めて実施された遺伝子治療。ここ数年、欧米で治療薬が承認され、対象も遺伝病からがんに広がった。背景には遺伝子を運ぶベクター(運び屋)の改良がある。ゲノム編集の技術を利用した新たな治療 ...

フォトダイナミックセラピー(PDT)-光線力学的療法2004

2016.08.29

  • ピックアップ

フォトダイナミックセラピー(PDT)は、ここロズウェルパーク癌研究所(Roswell Park Cancer Institute:RPCI)で開発されました。ここPDT Centerは、あらゆる癌を治 ...

高額ながん治療薬「オプジーボ」の値下げを厚労省が提案

2016.08.29

  • ピックアップ

高額ながん治療薬「オプジーボ」について、厚生労働省は24日、次回の薬価改定を待たずに薬価を特例的に見直すことを、厚労相の諮問機関である中央社会保険医療協議会(中医協)の専門部会に提案した。 高額薬が保 ...

若年世代のがんに光 静岡に専門病棟 職場復帰支援や治療向上へ

2016.08.24

  • ピックアップ

「AYA世代」と呼ばれる10代半ばから30代にかけての若年世代のがんは、小さい子供や中年以降の患者に比べ治療の改善や研究が遅れがちだった。しかし近年、専門病棟を開設し、治療や社会生活支援の経験を蓄積す ...

これまででもっとも大きな悪性中皮腫の臨床試験で新薬が生存期間の延長効果を示す

2016.08.24

  • ピックアップ

米国国立がん研究所(NCI)臨床試験結果 Largest-Yet Mesothelioma Study Shows Survival Benefit with New Drug (Posted: 05 ...

週刊誌の医療批判報道 約3割は診療現場に「影響出ている」

2016.08.24

  • ピックアップ

一部週刊誌で「飲み続けてはいけない薬」などの医療批判報道が行われているが、その影響は少なくないようだ。本誌は、医師限定の情報提供サービスを行うメドピア社の協力を得て、現役医師526人に「医療批判の記事 ...

フットサルで患者団体と学会が連携時代へ

2016.08.24

  • ピックアップ

フットサルチーム「湘南ベルマーレ」の久光重貴さん(35)は2014年4月から、日本肺癌(がん)学会の「肺がん医療向上委員会」で広報大使を務めている。肺がんの治療を受けながら現役選手として活躍しているこ ...

がん最新情報に高い関心 患者支援の催しへ2千人

2016.08.23

  • ピックアップ

 がん患者支援のNPO法人キャンサーネットジャパン(東京)が東京・日本橋でこのほど開いた「ジャパンキャンサーフォーラム」には、がん経験者や家族、医療関係者ら2100人余りが参加した。治療法の新たな選択 ...

トンデモ医療に引っかからないために(下)

2016.08.22

  • ピックアップ

 前回は、インターネットのがん情報は信頼できないこと、また、一般書店に置いてある書籍なども、信頼できるものが少ないこと、についてお話しいたしました。  正しい情報が不足している状況で、医師が行うトンデ ...

癌治療後のフォローアップケア

2016.08.22

  • ピックアップ

>NCIサバイバーシップ がんの経過観察とは何ですか。 がんの経過観察とは定期検診のことで、患者の病歴を見直したり診察をしたりします。経過観察では、画像診断(身体の内部の画像を撮る検査)、内視鏡検査( ...

肺がん発症、免疫力の個人差と関係…たばこ吸わない人も発症多く

2016.08.22

  • ピックアップ

免疫力の個人差が肺がんの発症しやすさと関係していると、国立がん研究センターなどのチームが、科学誌「ネイチャー・コミュニケーションズ」に発表した。肺がんの発症予測や予防、治療などに役立つと期待される。 ...

今受けられる肝細胞癌の臨床治験一覧〜近畿大学〜

2016.08.22

  • ピックアップ

前のブログ「ちょっと決意表明」にも書いた通り 標準治療だけでなく、今の時代いろんな方法があります。 標準治療を終えて、「ああ、もうダメなのかもしれない。」ではなく、探せば探すほど、いっぱい出てきます。 ...

患者力と就労継続 治療への理解力アップから始まる

2016.08.19

  • ピックアップ

 病気とともに生きるという時代の中で、「患者力」の大切さを実感しています。患者力とは何か、ポイントを探ってみました。 ・働き方を考える上で、治療方針の決定に自分も参加することが大切! ・自分の専門家は ...

中村紘子さんの闘病に学ぶ がんとともに生きる

2016.08.16

  • ピックアップ

世界的ピアニストの中村紘子さんが、2016年7月26日に大腸がんのため亡くなった。72歳だった。 大腸がんになってもピアノを演奏することにこだわり、9月にはコンサートを予定していた中村さん。誕生日(7 ...

フットサルで(1)「必ず戻る」入団6年目に肺がん診断

2016.08.16

  • ピックアップ

日本フットサルリーグ(Fリーグ)の湘南ベルマーレに所属する久光重貴(ひさみつしげたか)選手(35)は今年7月、神奈川県寒川町での練習を終えると、電車で千葉市の千葉大学病院に向かった。久光さんは一線で活 ...

人工知能が病名突き止め=国内初、白血病患者の治療貢献-東大医科研

2016.08.15

  • ピックアップ

東京大医科学研究所が臨床研究を進める医学論文2000万件以上を学習した人工知能(AI)が、医師の診断では分からなかった白血病患者の病名を突き止め、治療方法を変えた結果、容体が回復していたことが分かった ...