B細胞性急性リンパ芽球性白血病

小児および若年成人の再発/難治性B細胞性急性リンパ芽球白血病に対するCD19標的のCAR-T細胞療法後の同種造血幹細胞移植、全生存期間70.2ヶ月を示す

2021.04.08

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・小児および若年成人の再発/難治性B細胞性急性リンパ芽球白血病患者が対象の第1相試験 ・CAR-T療法後の同種造血幹細胞移植の有効性・安全性を検証 ・全生存期間70.2ヶ月、 ...

小児の再発B細胞性急性リンパ芽球性白血病に対するビーリンサイト単剤療法、無イベント生存率を改善

2021.03.15

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・ハイリスク再発B細胞性急性リンパ芽球性白血病小児患者が対象の第3相試験 ・ビーリンサイト単剤療法の有効性・安全性を化学療法と比較検証 ・無イベント生存率はビーリンサイト群6 ...

国内初のCAR-T療法キムリア、薬価は3349万円に

2019.05.20

  • ニュース

5月15日、厚生労働相の諮問機関である中央社会保険医療協議会(中医協)は、日本国内初のがん免疫療法キメラ抗原受容体発現T細胞(CAR-T)療法であるチサゲンレクル(商品名キムリア、ノバルティスファーマ ...

小児および若年成人のCD19陽性再発難治性B細胞性急性リンパ芽球性白血病に対するCAR-T療法キムリア、全寛解率82%を示す

2018.12.28

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・CD19陽性再発難治性B細胞性急性リンパ芽球性白血病患者対象の第Ⅱ相のELIANA試験 ・小児、若年成人の患者にキムリアを投与し、全寛解率、無再発生存率、全生存率を検証 ・ ...

米国臨床腫瘍学会(ASCO)が選ぶがん最先端研究の成果~アドバンス・オブ・ザ・イヤー~

2018.02.18

  • ニュース

米国臨床腫瘍学会(ASCO)は、最新の年次報告書「Clinical Cancer Advances 2018」において、2016年10月から2017年9月までの論文や医学会議発表の内容に基づき、各分野 ...

米国血液学会議(ASH2017)で注目されたキメラ抗原受容体T細胞(CAR-T)療法に関する3つの演題

2018.02.05

  • ニュース

2017年、米国食品医薬品局(FDA) より承認されたキメラ抗原受容体T細胞(CAR-T)療法はB細胞性急性リンパ芽球性白血病(ALL)の治療薬であるtisagenlecleucel(商品名キムリア; ...