フェソロデックス

ホルモン受容体陽性HER2陰性乳がんに対する術前化学療法としてのフェソロデッス、アリミデックス+フェソロデックス、アリミデックス単剤に対する優位性を示せず

2024.01.30

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・ホルモン受容体(エストロゲン受容体)陽性HER2陰性の閉経後早期乳がんが対象の第3相試験 ・術前化学療法としてのフルベストラント単剤療法、アナストロゾール+フルベストラント ...

内分泌療法に抵抗性を示したホルモン受容体陽性HER2陰性の進行乳がん、カピバセルチブ+フルベストラント併用療法により無増悪生存期間が有意に延長

2023.06.08

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・内分泌療法中もしくは治療後に再発または増悪したホルモン受容体陽性、HER2陰性の進行乳がんを対象とした第3相試験 ・内分泌療法としてのフルベストラントとAKT阻害剤カピバセ ...

ホルモン受容体陽性HER2陰性の進行性乳がんに対する一次治療としてのイブランス+フルベストラント併用療法、無増悪生存期間27.9ヶ月を示す

2021.10.19

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・ホルモン受容体陽性HER2陰性の進行性乳がん患者が対象の第2相試験 ・イブランス+フルベストラント併用療法の有効性・安全性をイブランス+レトロゾール併用療法と比較検証 ・無 ...

フェソロデックスを越えるSERD製品を求めて

2021.08.06

  • ニュース

※本記事はEvaluate社の許可のもと、オンコロが翻訳したものです。内容および解釈については英語の原文を優先します。正確な内容については原文をお読みください。   選択的エストロゲン受容体分解薬(S ...

ホルモン受容体陽性HER2陰性早期乳がんに対する術後療法としてのイブランス+ホルモン療法、ホルモン療法に比べて3年無浸潤疾患生存率を改善せず

2021.01.28

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・ホルモン受容体陽性HER2陰性の早期乳がん患者が対象の第3相試験 ・術後療法としてイブランス+ホルモン併用療法の有効性・安全性を比較検証 ・3年無浸潤疾患生存率は88.2% ...

ホルモン受容体陽性HER2陰性転移性乳がんに対するイブランス+ホルモン療法、カペシタビン単剤療法に比べて無増悪生存期間の延長を示さず

2021.01.26

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・アロマターゼ阻害薬耐性のあるホルモン受容体陽性HER2陰性転移性乳がん患者が対象の第3相試験 ・イブランス+ホルモン療法の有効性・安全性を比較検証 ・無増悪生存期間7.4ヵ ...

会員登録 ログイン