新型コロナウイルスの流行に伴うイベントの開催可否について

AML

がんの情報収集に関するアンケートにご協力ください

2020.11.18

  • リサーチ
  • 乳がん
  • 白血病
  • 肺がん

がんの情報収集に関するアンケート案内ページです。以下内容をご確認いただき、アンケートにご回答いただくのみの調査。 概要 ■対象・・・①と②をいずれも満たす方 ①以下のがん種の患者さんまたは、その家族 ...

強力な治療に適応のない未治療の急性骨髄性白血病患者に対する経口BCL-2阻害薬ベネクレクスタ+低用量シタラビン療法、全寛解率・全生存期間ともに改善

2020.04.10

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・強力な治療に適応のない未治療の急性骨髄性白血病患者が対象の第3相試験 ・経口BCL-2阻害薬ベネトクラクス+低用量シタラビン療法の有効性・安全性を比較検証 ・ベネクレクスタ ...

急性骨髄性白血病(AML)患者対象のベネトクラクス/アザシチジン併用療法、第3相試験で良好な結果

2020.04.01

  • ニュース

この記事の2つのポイント ・VIALE-A試験において、主要評価項目の全生存期間(OS)および複合完全寛解率(CR+CRi)が統計的に有意な改善 ・AMLは最も悪性度が高く、治療困難な血液がんの1つで ...

NPM1遺伝子変異陽性の急性骨髄性白血病患者に対する導入療法としてのイブルチニブ+シタラビン+エトポシド+ATRA ±ゲムツズマブ オゾガマイシン、無イベント生存率を統計学有意に改善しない

2020.01.08

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・NPM1遺伝子変異陽性の急性骨髄性白血病(AML)患者が対象の第3相試験 ・導入療法としてのイブルチニブ+シタラビン+エトポシド+ATRA±̟ゲムツズマブ オゾガマイシン併 ...

急性骨髄性白血病患者に対する維持療法としてのCC-486、全生存期間を有意に改善

2019.12.20

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・導入療法により完全寛解を達成した急性骨髄性白血病患者が対象の第3相試験 ・維持療法としての経口用アザシチジン単剤療法の有効性・安全性を比較検証 ・プラセボ群と比較して、死亡 ...

FLT3遺伝子変異陽性急性骨髄性白血病患者に対するゾスパタ、全生存期間を有意に延長

2019.04.03

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・ゾスパタと救援化学療法を比較する非盲検多施設無作為化試験 ・成人の再発または難治性のFLT3遺伝子変異陽性AML患者が対象 ・OSはゾスパタ投与群で9.3ケ月、救援化学療法 ...

治療歴のあるFLT3-ITD変異を有する再発難治性急性骨髄性白血病(AML)に対するFLT3阻害薬キザルチニブの有効性、安全性

2018.12.28

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・再発難治性急性骨髄性白血病(AML)患者を対象とした第Ⅲ相試験 ・キザルチニブ単剤療法群と治験医師選択の標準化学療法群を比較検証 ・キザルチニブ単剤療法は全生存期間(OS) ...