胆管がん

FGFR阻害剤ペマジール、化学療法後に増悪したFGFR2融合遺伝子陽性の治癒切除不能胆道がん治療薬として発売開始

2021.06.07

  • ニュース

6月1日、インサイト・バイオサイエンシズ・ジャパン合同会社は、抗悪性腫瘍剤ならびに選択的線維芽細胞増殖因子受容体(FGFR)阻害剤である「ペマジール錠4.5mg(一般名:ペミガチニブ、以下ペマジール) ...

治療歴のあるFGFR2融合/再構成遺伝子陽性の肝内胆管がんに対するFGFR阻害薬フチバチニブ単剤療法、客観的奏効率41.7%を示す

2021.04.21

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・治療歴のあるFGFR2融合/再構成遺伝子陽性の肝内胆管がん患者が対象の第2相試験 ・Futibatinib(フチバチニブ)単剤療法の有効性・安全性を検証 ・客観的奏効率は4 ...

FGFR阻害薬ペマジール、化学療法後に増悪したFGFR2融合遺伝子陽性の治癒切除不能な胆道がんに対する承認を取得

2021.03.26

  • ニュース

3月23日、米インサイト・コーポレーションは、選択的のペマジール(一般名:ペミガチニブ)に関して、がん化学療法後に増悪したFGFR2融合遺伝子陽性の治癒切除不能な胆道がんの治療薬として、日本において厚 ...

治療歴のあるIDH1変異陽性の切除不能/転移性胆管がんに対するIvosidenib単剤療法、全生存期間中央値10.3ヶ月を示す

2021.02.09

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・治療歴のあるIDH1変異陽性の切除不能/転移性胆管がん患者が対象の第3相試験の全生存期間のフォローアップ解析 ・Ivosidenib(イボシデニブ)単剤療法の有効性・安全性 ...

FGFR2遺伝子陽性の進行性/転移性胆管がんに対するインフィグラチニブ単剤療法、客観的奏効率23.1%を示す

2021.02.08

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・治療歴のあるFGFR2融合遺伝子陽性の進行性/転移性胆管がん患者が対象の第2相試験 ・インフィグラチニブ単剤療法の有効性・安全性を検証 ・客観的奏効率は23.1%、奏効持続 ...

米インサイト 日本市場に本格参入…胆管がん薬を自社販売へ、パイプラインに7つの新薬

2020.12.14

  • ピックアップ

創薬型企業の米インサイトが、日本市場に本格参入します。 日本ではこれまで、グローバルの製薬大手と組んで自社創製品を展開してきた同社。 今年9月に胆管がん治療薬として申請したFGFR阻害薬ペミガチニブで ...

ロバート・レッドフォードの息子が58歳で死去、映画監督務め

2020.10.21

  • ピックアップ

俳優ロバート・レッドフォードの息子で映画プロデューサー・監督のジェイムズ・レッドフォードが17日、58歳で亡くなった。妻カイルがTwitterで報告している。 カイルが地元紙「The Salt Lak ...

FoundationOne CDx、ペミガチニブのFGFR2融合遺伝子陽性胆管がんに対するコンパニオン診断機能を追加申請

2020.10.09

  • ニュース

10月2日、中外製薬株式会社は、遺伝子変異解析プログラムである「FoundationOne CDx がんゲノムプロファイル」に、選択的線維芽細胞増殖因子受容体(FGFR)阻害薬のペミガチニブのFGFR ...

西口洋平という3%の男 そして3つの言葉

2020.05.18

  • ピックアップ

「オダユウジで〜〜す」彼に自己紹介をお願いすると、開口一番に出てくる言葉がこれだ。どれだけ会場がドン引こうとも、このスタンスを変えなかった。 続きを読む https://00m.in/ImPEU ニュ ...

キャンサーペアレンツ創設の西口洋平さん死去 40歳

2020.05.15

  • ピックアップ

子育て世代のがん患者の交流の場などを運営する一般社団法人「キャンサーペアレンツ」の代表理事で、胆管がんをわずらっていた西口洋平さんが8日、40歳で死去した。 続きを読む https://00m.in/ ...

【新薬】トリプルネガティブ乳がん治療薬「Trodelvy」や胆管がん治療薬「Pemazyre」など

2020.05.12

  • ピックアップ

2020年4月に米FDA(食品医薬品局)が承認した主な新薬と適応拡大をまとめました。 続きを読む https://00m.in/5zCP2 ニュース選定者:大内 明香 Answers https:// ...

胆道がんの臨床試験(治験)一覧

2020.04.03

  • 臨床試験(治験)一覧

日本で実施中の胆道がん臨床試験(治験)情報です。 免疫チェックポイント阻害薬の治験 【治験広告】職業に関連した胆道がんと労災認定されたあなたへ ニボルマブ(オプジーボ)の医師主導治験のご案内 ONO- ...

FGFR2遺伝子の融合/再構成を有する局所進行性/転移性胆管がん患者に対するPemigatinib、客観的奏効率35.5%を示す

2020.04.03

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・治療歴のある局所進行性/転移性胆管がん患者が対象の第2相試験 ・経口FGFR阻害薬Pemigatinib単剤療法の有効性・安全性を検証 ・FGFR2遺伝子の融合/再構成を有 ...

IDH1変異陽性胆管がん患者に対するイボシデニブ、無増悪生存期間を有意に改善

2019.10.31

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・IDH1変異陽性胆管がん患者が対象の第3相試験 ・イボシデニブ単剤療法の有効性・安全性を検証 ・無増悪生存期間を63%統計学的有意に改善し、全生存期間も良好な結果 2019 ...

【募集終了】胆管がんの患者さんおよびそのご家族対象 インタビュー調査にご協力ください

2019.01.11

  • 終了リサーチ

※1月21日 本調査の募集は終了いたしました。ご協力、ありがとうございました。 ※1月16日 患者さんの追加募集が決まりました。詳細は以下をご覧ください。 ※1月15日をもって本調査の募集は人数に達し ...

がんステージ4でも働ける 大切なのは職場の信頼関係

2018.11.16

  • ピックアップ

ある日、がんになったら、今まで続けてきた仕事はどうすべきか――。 今、がん患者の3人に1人が働く世代といわれている。 第2回は、仕事とがんの治療を続けながら、子どもを持つがん患者のつながる場をつくって ...

35歳でステージ4のがん告知された会社員が選んだ「後悔のない生き方」とは?

2018.07.31

  • ピックアップ

人材紹介会社の営業としてバリバリ働いていた西口洋平さん。2015年2月、35歳のときにステージ4の胆管がんと診断され、生活がガラリと急変したと言います。 続きを読む https://next.riku ...

【第2回 胆道がん】大阪オンコロジーセミナーMeeting the Cancer Experts:セミナー動画公開

2018.03.27

  • セミナー動画

2018年2月9日(金)に認定特定非営利活動法人 西日本がん研究機構・7大学連携個別化がん医療実践者養成プラン・がん情報サイト「オンコロ」が連携し第2回胆道がんセミナーを開催しました。セミナーの動画を ...

35歳、突然の末期がん宣告を受けたぼくが知った人生の大切なこと

2018.01.16

  • ピックアップ

西口さんは現在38歳。奥様と小学生の娘さんがいます。2年半前に突然、胆管がんの告知を受けました。それも、最も進行した状態のステージ4。人材紹介会社の営業職で日々激務をこなしながらも、健康診断では特に問 ...

誰が川島なお美の命を奪ったのか

2017.04.05

  • ピックアップ

2015年9月、胆管がんで急逝した女優の川島なお美さんは、抗がん剤による治療を最期まで拒んだ。54歳という早すぎる死に衝撃が広がったが、一方で医師が患者にがん放置療法を勧める「セカンドオピニオン」も物 ...