新型コロナウイルスの流行に伴うイベントの開催可否について

がん全般のピックアップ


  • [公開日]2018.08.20
  • [最終更新日]2019.01.11

がん全般のニュースをご紹介しています。

がん告知の「心のケア」は 不安あれば担当医に相談を

2016.08.29

  • ピックアップ

がんの告知をうけた後、そのショックをどう受け止めればいいのでしょうか。普段通りの生活が送れなくなるほどの精神的な不安に向かい合うと、適応するまで、時間がかかります。長年がん患者の「心のケア」に取り組ん ...

働く女性の病気、社会損失は6兆円 まずは無料健診を

2016.08.29

  • ピックアップ

私は2016年4月に化粧品会社の社外取締役に就任しました。その中で、一人の女性として考えさせられることがありました。それは「乳がん」です。就任先では、「口紅1本でできるボランティア」として乳がん検診の ...

抗がん剤は高い?安い?各国の価格事情

2016.08.29

  • ピックアップ

米国臨床腫瘍学会(ASCO) プレスリリース 低所得国では価格が低いにもかかわらず、抗がん剤は入手困難である ASCOの見解 「国によって薬価は大きく異なりますが、より重要なことは、価格が上昇すると患 ...

私が次の患者さんを呼び入れる際に立ち上がって自ら診察室のドアを開ける8つの理由

2016.08.29

  • ピックアップ

自分の診療でずっとこだわってやってきていることのひとつに、自分が立ち上がって診察室と待合室を隔てるドアを開けて待合室の中から次の患者さんを見つけてお呼びする。という行動があります。実は自分の施設でも全 ...

小児がん征圧キャンペーン20周年 病気の子も素顔のキャンプ

2016.08.29

  • ピックアップ

小児がんなど慢性疾患の子どもと家族を支えるボランティア団体「ファミリーエージェンシー」(FA)が活動30年を迎え、8月上旬に長野県伊那市の国立信州高遠青少年自然の家でキャンプをした。のびのび振る舞う子 ...

アートネイチャー がんになった社員を全社で支援

2016.08.29

  • ピックアップ

もし今、自分ががんにかかったら……。考えてみたことはありますか? そのとき家族は、生活は、経済面は? 仕事は続けられるのでしょうか。  社員が治療をしながら働き続けるために、企業サイドからサポートを行 ...

クリニックのがん治療に、一言申す

2016.08.29

  • ピックアップ

こんばんわ。 仕事してたらこんな時間(汗) やばい、寝ないと。 最近、本当にセカンドオピニオンや電話でのお問い合わせが増えてます。 (申し訳ありませんが、電話でのご相談は5分以内にお願いします、患者さ ...

免疫チェックポイント抗体治療に対する「姥捨て山」論の愚

2016.08.29

  • ピックアップ

米国では、CTLA-4抗体、PD-1抗体、PD-L1抗体の3種の免疫チェックポイント抗体薬が承認され、これ以外の抗体治療薬の開発も進んでいる。抗体医薬の他にも、免疫抑制に働く、IDO(Indoleam ...

新薬使用、指針作り体制強化…厚労省、所管組織増員へ

2016.08.29

  • ピックアップ

 高額な新薬の相次ぐ登場を受け、適正使用の指針作りのため、厚生労働省は同省所管の「医薬品医療機器総合機構」の人員を増強する方針を固めた。  新薬の使用に適した患者の条件などを専門職員が分析し、指針にま ...

進化する遺伝子治療 がんも対象に

2016.08.29

  • ピックアップ

1990年に世界で初めて実施された遺伝子治療。ここ数年、欧米で治療薬が承認され、対象も遺伝病からがんに広がった。背景には遺伝子を運ぶベクター(運び屋)の改良がある。ゲノム編集の技術を利用した新たな治療 ...