新型コロナウイルスの流行に伴うイベントの開催可否について

大腸がんのニュース


  • [公開日]2017.01.25
  • [最終更新日]2018.12.26

大腸がんのニュースをご紹介しています。

アプリはがん医療をサポートできる?アプリ導入で肺がん患者の生存期間が延長ASCO2016

2016.07.12

  • ニュース

2016年6月3日から7日までシカゴで開催された第52回米国臨床腫瘍学会(ASCO)年次総会にて、インターネットを介した経過観察アプリケーション(MOOVCARE™)が進行肺がん患者の生存期間を改善する第3相試験結果が発表された。

マイクロサテライト不安定性のない転移性大腸がんに免疫療法感度を授ける併用療法 アテゾリズマブ×コビメチニブ World GI2016

2016.07.07

  • ニュース

2016年6月29日から7月2日まで開催された欧州臨床腫瘍学会 第18回世界消化器学会で、免疫チェックポイント阻害剤アテゾリズマブとMEK阻害薬コビメチニブの併用療法が、マイクロサテライト安定性転移性大腸癌に効果を発揮したことが発表された。

2012年がん罹患数 86.5万人 国立がん研究センター 日本のがん罹患数・率の最新全国推計値公表

2016.06.30

  • ニュース

2016年6月29日、国立研究開発法人国立かん研究センター がん対策情報センターは「地域がん登録」データを活用し 2012 年に新たにがんと診断された罹患数・率として算出した全国推計値を公表した。

若いがん患者の終末期医療で不要なケアが減っていない~エンドオブライフケアを考える~ASCO2016

2016.06.16

  • ニュース

6月3日~6月7日にシカゴで開催された米国臨床腫瘍学会(ASCO)の年次総会において、65歳以下のがん患者28000人以上を対象にエンドオブライフケアを調査した初の大規模試験の結果が発表された。

大腸がん サイラムザ適正使用について臨床腫瘍学会が適正使用のお願い(医療関係者向け)

2016.05.27

  • ニュース

5月23日、臨床腫瘍学会は同日付で「治癒切除不能な進行・再発の結腸・直腸癌」にて効能・効果追加承認を取得したラムシルマブ(サイラムザ®)に関する適正使用について、医療関係者に訴えた。

高尿酸血症・痛風治療薬フェブリク 化学療法に伴う高尿酸血症治療薬として適応追加承認

2016.05.24

  • ニュース

5月23日、帝人ファーマ株式会社は、高尿酸血症・痛風治療剤フェブキソスタット(フェブリク)について、厚生労働省より「がん化学療法に伴う高尿酸血症」に対する適応追加の承認を取得したと発表した。

進行大腸がん 血管新生阻害剤VEGFR2抗体ラムシルマブ(サイラムザ) 承認

2016.05.24

  • ニュース

5月23日、日本イーライリリー株式会社は、血管新生阻害剤VEGFR2抗体ラムシルマブ(商品名サイラムザ)について、「治癒切除不能な進行・再発の結腸・直腸癌」に対する治療薬として適応追加の承認を取得したと発表した。

第1,2部会 多発性骨髄腫カイプロリス/子宮頸癌アバスチン/大腸癌サイラムザ/抗がん剤副作用高尿酸血症フェブリク 了承

2016.04.25

  • ニュース

4月25日の薬事・食品衛生審議会 医薬品第二部会にて、多発性骨髄腫カイプロリス、子宮頸癌アバスチン、大腸癌サイラムザが審議・了承されました。

25日第二部会 多発性骨髄腫カイプロリス、子宮頸がんアバスチン、大腸がんサイラムザ審議予定

2016.04.15

  • ニュース

4月25日の薬事・食品衛生審議会 医薬品第二部会にて審議される内容が開示されました。 がん関連は以下の通りです。 カルフィルゾミブ(商品名カイプロリス):再発または難治性の多発性骨髄腫。新規。希少疾病 ...

厚生労働省 治療と職業生活の両立支援のためのガイドラインを公表

2016.02.24

  • ニュース

厚生労働省は2月23日、「事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン」を公表しました。 このガイドラインは、がんや脳卒中などの疾病を抱える方々に対して、治療と職業生活が両立できるように ...