【2/21(金)開催 OMCEセミナー『がんとアピアランス』申込み受付中!】

全般のニュース


  • [公開日]2017.01.26
  • [最終更新日]2019.03.25

がん全般のニュースをご紹介しています。

肺がん治療薬 効果ある患者見極めるための臨床研究へ

2016.08.04

  • ピックアップ

新しいタイプの肺がん治療薬で、価格の高い「オプジーボ」を効果のあまり見込めない患者に投与するのを抑えることで、医療費の抑制につなげようと、全国の医療機関が参加して、効果のある患者を見極めるための大規模 ...

会社への報告義務なし がんのため仕事を辞めてはいけない

2016.08.04

  • ピックアップ

がん治療を始める前に仕事を辞める患者がかなりいる。「がんと仕事」について専門家に聞いた。  吉田祐樹さん(55=仮名)は、肺がんで手術を受けた。再発予防のための抗がん剤治療の前に、勤務していた建設会社 ...

健康診断の「不都合な真実」〜胸部レントゲンもバリウム検査も意味がない!

2016.08.01

  • ピックアップ

医学の進歩は目覚ましい。だが、それは同時に見つける必要のない異常まで発見し、健康な人を病人にしてしまう。本当に長生きする人は、うまく医療から距離を取っているのだ。 検査しても寿命は伸びない! 「様々な ...

親ががんになった子どもを支えたい

2016.08.01

  • ピックアップ

成人患者主体のがん専門病院で始まった取り組み―がん研究会有明病院「GCLS研究会」 がんと告知されたとき、患者自身はもちろん、家族も大きな衝撃を受ける。特に患者の子どもは、その後の生活環境が急激に変化 ...

薬害と冤罪のあいだ―サリドマイド、ベンデクチン、子宮頸がん予防ワクチン

2016.08.01

  • ピックアップ

ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチン、いわゆる子宮頸がん予防ワクチンの接種後に出現したさまざまな症状で苦しんでいる10~20代の女性たちが原告となって、国とワクチンメーカー2社に対して集団訴訟が起 ...

子宮頸がんワクチンの感染リスクを算出、「生まれ年度」による格差明らかに 大阪大学

2016.08.01

  • ピックアップ

大阪大学大学院医学系研究科器官制御外科学講座の田中佑典医員と上田豊助教らの研究グループは、子宮頸がん予防ワクチンの接種勧奨の一時中止に伴う影響を算出し、HPV(ヒトパピローマウイルス)感染リスクが「生 ...

医師国家試験にチャレンジ! がん検診の目的は?

2016.08.01

  • ピックアップ

最近の医師国家試験で、がん検診の有効性を評価する指標についての問題がありました。実際の問題は5択ですが、アレンジして3択にします。 Q.集団に対して、あるがんの検診を行った。検診後に観察された変化の中 ...

「遺伝子検査」実は占い並み!?過熱ビジネスに注意せよ

2016.08.01

  • ピックアップ

DeNAやYahoo!、DHCなど、あまたの有名企業が新たなビジネスチャンスとして参入をはじめた“遺伝子検査”。病院など医療機関を通さないことから「DTC(Direct-To-Consumer)遺伝学 ...

5陣営がしのぎを削る免疫チェックポイント阻害薬、最新の国内開発状況まとめ

2016.08.01

  • ピックアップ

画期的な作用機序と一部患者に対する高い治療効果、そして高額な薬価で注目を集める免疫チェックポイント阻害薬。がん領域で急速に開かれていく新市場をめぐり、▽小野薬品工業と米ブリストル・マイヤーズスクイブ▽ ...

免疫チェックポイント抗体治療に対する「姥捨て山」論の愚

2016.07.25

  • ピックアップ

米国では、CTLA-4抗体、PD-1抗体、PD-L1抗体の3種の免疫チェックポイント抗体薬が承認され、これ以外の抗体治療薬の開発も進んでいる。抗体医薬の他にも、免疫抑制に働く、IDO(Indoleam ...