FGFR2

治療歴のあるFGFR2融合/再構成遺伝子陽性の肝内胆管がんに対するFGFR阻害薬フチバチニブ単剤療法、客観的奏効率41.7%を示す

2021.04.21

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・治療歴のあるFGFR2融合/再構成遺伝子陽性の肝内胆管がん患者が対象の第2相試験 ・Futibatinib(フチバチニブ)単剤療法の有効性・安全性を検証 ・客観的奏効率は4 ...

FoundationOne CDxがんゲノムプロファイル、FGFR阻害薬ペミガチニブの胆道がんに対するコンパニオン診断の追加承認を取得

2021.02.18

  • ニュース

2月16日、中外製薬株式会社は、遺伝子変異解析プログラムである「FoundationOne CDx がんゲノムプロファイル」について、線維芽細胞増殖因子受容体(FGFR)阻害薬ペミガチニブのFGFR2 ...

FGFR2遺伝子陽性の進行性/転移性胆管がんに対するインフィグラチニブ単剤療法、客観的奏効率23.1%を示す

2021.02.08

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・治療歴のあるFGFR2融合遺伝子陽性の進行性/転移性胆管がん患者が対象の第2相試験 ・インフィグラチニブ単剤療法の有効性・安全性を検証 ・客観的奏効率は23.1%、奏効持続 ...

FGFR2b陽性切除不能局所進行性/転移性胃がんに対するファーストラインとしてのベマリツズマブ+mFOLFOX6併用療法、無増悪生存期間を改善

2021.02.05

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・線維芽細胞増殖因子受容体(FGFR)2b陽性切除不能局所進行性/転移性の胃・胃食道接合部腺がん患者が対象の第2相試験 ・ベマリツズマブ+mFOLFOX6併用療法の有効性・安 ...

FGFR2融合遺伝子変異を有する進行性胆管がん患者に対するFGFR阻害薬ペミガチニブ単剤療法、客観的奏効率40%を示す

2018.10.28

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・FGFR2陽性胆管がん患者に対するFGFR2阻害薬の可能性 ・FGFR2遺伝子変異陽性であれば奏効率40% ・日本では治験が実施中 2018年10月19日~23日までドイツ ...