食道胃接合部がん

【研究広告】未治療の進行・再発胃がんに対するMSI(マイクロサテライト不安定性)を評価する観察研究

2021.02.24

  • 胃がん
  • 臨床試験(治験)一覧
  • 臨床試験(治験)広告一覧

本ページは西日本がん研究機構(WJOG)からの委託による研究広告です。 また、研究を実施する実施医療機関の倫理審査委員会の審査・承認を受けたものを掲載いたします。 はじめに 研究背景と目的 本研究では ...

局所進行性/転移性食道がんまたは食道胃接合部がんに対するファーストライン治療としてのキイトルーダ+化学療法併用療法、全生存期間を改善

2020.10.12

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・局所進行性/転移性食道がんまたは食道胃接合部がん患者が対象の第3相試験 ・食道扁平上皮がん患者におけるキイトルーダ+化学療併用の有効性・安全性を比較検証 ・PD-L1発現陽 ...

進行性胃/食道胃接合部がんに対するファーストラインのキイトルーダ±化学療法、全生存期間の非劣性を示す

2020.09.24

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・進行性胃/食道胃接合部がん患者が対象の第3相試験 ・キイトルーダ単剤、キイトルーダ+化学療法の有効性・安全性を比較検証 ・化学療法と比較して全生存期間の非劣勢を示し、有害事 ...

PD-L1陽性の進行性胃がん/食道胃接合部がん患者に対する1〜3次治療としてのキイトルーダ単剤療法、臨床的意義のある持続的な抗腫瘍効果

2020.02.07

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・PD-L1陽性の進行性胃がん/食道胃接合部がん患者を対象とした3試験の結果 ・抗PD-1抗体薬キイトルーダ単剤療法の有効性・安全性を比較検証 ・

HER2陰性進行性胃がんまたは食道胃接合部がん患者に対するAndecaliximab+mFOLFOX6、全生存期間を有意に改善せず

2019.02.04

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・未治療のHER2陰性進行性胃がんまたは食道胃接合部がん患者に対する第3相のGAMMA-1試験 ・ファーストライン治療としてのAndecaliximab+mFOLFOX6併用 ...

進行性胃がん又は食道胃接合部腺がん患者の三次治療以降としてのキイトルーダ単剤療法、客観的奏効率(ORR)は11.6%を示す

2018.03.20

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・2レジメン以上の治療歴のある進行性胃がん又は食道胃接合部腺がん患者に対する標準治療は確立していない。・進行性胃がん又は食道胃接合部腺がん患者に対するキイトルーダ単剤療法の治 ...