新型コロナウイルスの流行に伴うイベントの開催可否について

妊孕性

若いがん患者にも子ども授かる可能性を 患者団体が支援求める

2020.11.26

  • ピックアップ

全国のがん患者会でつくる団体などは、卵子や精子の凍結保存などへの保険適応や相談支援の充実を求める要望書を厚生労働省に提出しました。 続きを続む https://ux.nu/bI7Ri ニュース選定者: ...

若いがん患者の卵子・精子凍結保存に助成 厚労省方針、21年度から

2020.11.19

  • ピックアップ

若いがん患者らが治療の後でも子どもを作れるように卵子や精子などを凍結保存する施術について、厚生労働省は2021年度から費用を補助する方針を固めた。 続きを続む https://ux.nu/iyfm0 ...

精子や卵子の凍結保存に公的支援を 若年がんの当事者団体ら

2020.11.17

  • ピックアップ

小児・若年がん患者が将来的に子どもを持つ選択肢を残せるようにするため、当事者団体と国民民主党の玉木雄一郎代表、自民党の議員連盟が16日、相次いで厚生労働省を訪れ、治療前に精子や卵子を凍結保存する費用へ ...

がん患者の不妊治療要請 総理「全部受け止めて…」

2020.11.13

  • ピックアップ

若いがん患者の妊娠の機会を守るため、卵子凍結などへの支援を菅総理大臣に要請しました。 続きを読む https://ux.nu/fpJdn ニュース選定者:中山 裕樹 テレ朝news https://n ...

がん患者の不妊治療費に支援求める動き 卵子や精子の保存に100万円超えも

2020.11.12

  • ピックアップ

がんを患った子どもや若年世代が、将来的に子どもを産む選択ができるよう、治療前に精子や卵子などを凍結保存する場合の公的支援を、国に求める動きが強まっている。 凍結保存の費用は全額自己負担で、厚生労働省は ...

卵子・精子の凍結保存費用などを調査へ、がん患者の不妊に経済支援

2020.10.27

  • ピックアップ

がん治療に伴う不妊に備え、事前に卵子や精子などを凍結保存する場合の経済的負担について、厚生労働省の研究班は11月にも実態調査に乗り出す。 特に女性患者の場合、保存費用が高額のため、将来の妊娠や出産を諦 ...

若いがん患者、治療後出産の可能性を 県が支援へ

2020.02.04

  • ピックアップ

「AYA(アヤ)世代」と呼ばれる若年世代のがん患者が治療後に子どもを持つ可能性を残そうと、兵庫県は2020年度から、患者の精子や卵子などを凍結して保存する費用を補助する制度を始める。 続きを読む ht ...

若年がん患者を取り巻く”経済格差”の実態

2019.03.19

  • ピックアップ

国立がん研究センターの統計によれば、年間約2万3000人の39歳以下が、新たにがんに罹患している。だが、がん治療によって妊孕性=子供を作る機能が喪失する可能性があることを知っている人はどれくらいいるだ ...

「がん患者が子供を産む」は無理なことか

2019.03.13

  • ピックアップ

日本人の2人に1人ががんになる時代・・・。だが、がん治療によって「妊孕(にんよう)性=子供を作る機能」が喪失する可能性があることを知っている人はどれくらいいるだろう。 続きを読む https://ux ...