新型コロナウイルスの流行に伴うイベントの開催可否について

全般のニュース


  • [公開日]2017.01.26
  • [最終更新日]2019.03.25

がん全般のニュースをご紹介しています。

がんのチーム医療に不可欠な腫瘍内科医を増やす

2016.12.22

  • ピックアップ

5年前、国立がんセンターから日本医科大学武蔵小杉病院に移り、腫瘍内科を立ち上げた勝俣範之先生。 「抗がん剤専門医」と誤解されがちで、「難しそう・患者さん大変そう」と思われがちな腫瘍内科ですが、勝俣先生 ...

がん死亡率、10年で15%減 2割減の目標に届かず

2016.12.22

  • ピックアップ

国立がん研究センターは21日、2015年までの10年間で75歳未満のがん死亡率が15・6%減にとどまり、国の目標の「20%減」を達成できなかったと、がん対策推進協議会に報告した。 厚生労働省は来夏まで ...

その薬・検査は必要? 米「賢い選択」運動、日本でも

2016.12.22

  • ピックアップ

不必要な医療行為をなくそうと、「Choosing Wisely(賢い選択)」と呼ばれる米国の医療界発の取り組みが日本で始まった。 不必要な投薬や検査が横行すれば、弊害を及ぼすこともある。 「その薬や検 ...

がん患者の2割が退職 6割が働き方に変化 患者調査

2016.12.22

  • ピックアップ

通院しているがん患者の2割が退職を経験し、休職や異動なども含めると働き方が変わった人は6割に上る。 こうした実態が、がん患者の就労と療養生活についての山梨県のアンケートでわかった。 7割近くが事業主の ...

がんの骨転移、患者はあきらめず治療に向き合った

2016.12.22

  • ピックアップ

がんの骨転移と向きあう人たちは、普段どんなことに気をつけ、どんなことを考えているのか。 神奈川県の女性(62)は、48歳のときに初期の乳がんと診断された。右の乳房を全摘し、ホルモン治療などをしてきた。 ...

薬価毎年改定で4閣僚合意  政府が改革の基本方針

2016.12.21

  • ピックアップ

政府は20日、薬の公定価格(薬価)の制度改革に向けた基本方針をまとめた。 現在は2年に1度の薬価改定を毎年の実施に切り替えることが柱。薬価を見直す頻度を増やし、医療費抑制を図るのが狙いだ。 続きを読む ...

「がん治療中の雇用困難」 中小経営者ら200人中6割

2016.12.20

  • ピックアップ

がん患者の就労を巡り、中小企業の経営者の六割が治療との両立は困難だと考えていることが、一般社団法人「CSRプロジェクト」(東京)が行った全国調査で分かった。 今月九日に成立した改正がん対策基本法は、事 ...

検索サイトで上位表示される「がん情報」サイト その4割は信頼度× 有害なサイトも

2016.12.19

  • ピックアップ

日本国民の2人に1人が罹患するがんについては、患者さん自身が、がん情報をインターネット検索で調べることも多くなっています。 しかし、がんに関してネット上で情報検索を行った際に上位に表示されるがん情報サ ...

がんの専門的な治療ができる 「がん診療連携拠点病院」はどこにあるの?

2016.12.16

  • ピックアップ

「がん診療連携拠点病院なんて、見たことがない」 こんな疑問をもつ人は多いはずです。それもそのはずで、がん診療連携拠点病院は、個別の病院の名称ではなく、がん治療を進めるための国のシステム(制度)だからで ...

「治験に参加しませんか?」と言われたら… 「将来への貢献」を理解して 40人の体験談をサイトで公開

2016.12.15

  • ピックアップ

ある日主治医から「新薬の治験(臨床試験)に参加しませんか」と言われたら、あなたはどう感じるだろう。最先端の新薬を試せるかもれない。 だが予想外の副作用が出るリスクもある。経験者の話を聞いてよく考えたい ...