新型コロナウイルスの流行に伴うイベントの開催可否について

全般のニュース


  • [公開日]2017.01.27
  • [最終更新日]2019.03.25

がん全般のニュースをご紹介しています。

患者、家族に心のケアを 札幌がんフェスで重要性訴え つらさを誰かに伝えて/話し合える雰囲気が大切

2016.09.30

  • ピックアップ

がんに関わる心のケアについて学ぶ「札幌がんフェスティバル」が24日、札幌市白石区の札幌コンベンションセンターで開かれました。心理学(サイコロジー)とがん研究の腫瘍学(オンコロジー)を組み合わせ、がんが ...

パートナーのがん 家族は「第二の患者」の視点を

2016.09.30

  • ピックアップ

 がん患者の家族も、「第二の患者」と言われています。生活や治療のために働かなくてはいけないと考える一方、病状によっては働き方に影響がでてくるからです。がん相談支援センターなど第三者窓口に相談する人が少 ...

前立腺がんに光、手術ロボ公開 諏訪赤十字病院

2016.09.29

  • ピックアップ

諏訪赤十字病院(諏訪市)は二十七日、今年六月に導入した内視鏡手術の支援ロボット「ダヴィンチ」を公開した。県内では信州大医学部付属病院(松本市)など三病院が導入しているが、南信地方では初めて。  四本の ...

がん患者の情報発信は力に…小林麻央がん転移告白

2016.09.29

  • ピックアップ

がんで都内の病院に入院中のフリーアナウンサー小林麻央さん(34)が9月1日から始めたオフィシャルブログ「KOKORO.」。 「(病気の)陰に隠れているそんな自分とお別れしようと決めました」と決意し、ち ...

がん免疫療法は、酸素により損なわれる可能性がマウス実験で示唆

2016.09.28

  • ピックアップ

米国国立がん研究所(NCI)ブログ~がん研究の動向~ 多くのがんにとって一般的な転移部位である肺の内部において、抗がん免疫反応が阻害されるメカニズムを研究者らがマウス実験で特定した。このメカニズムには ...

がん早期発見の割合、部位で最大6倍の差…膵臓12%・子宮頸部は76%

2016.09.28

  • ピックアップ

がんの早期発見の割合は、12部位のがんで最大6倍の差があることが、国立がん研究センターのまとめでわかった。  進行度を示す「病期(ステージ)」で比較的早期のがんを示す0~1期の割合は、検診法が確立して ...

余命に関する誤解(上)

2016.09.28

  • ピックアップ

「あなたの余命は6か月です」  がんと診断され、このように医師から言われた患者さんがいます。  『がんで余命○か月』と、よく耳にしますが、実際のところはどうなのでしょうか?  今回は、余命に関するさま ...

余命に関する誤解(上)

2016.09.27

  • ピックアップ

「あなたの余命は6か月です」 がんと診断され、このように医師から言われた患者さんがいます。 『がんで余命○か月』と、よく耳にしますが、実際のところはどうなのでしょうか? 今回は、余命に関するさまざまな ...

膵臓がん4割、治療前に「末期」…がん拠点病院

2016.09.27

  • ピックアップ

国立がん研究センターは26日、国が指定する「がん診療連携拠点病院」の2014年の診療実績を公表した。  公表した12のがんを、進行度を示す「病期(ステージ)」別にみると、膵臓(すいぞう)がん患者の4割 ...

四国がんセンター 緩和ケアのモデル病院に 組織横断的なチームで対応 患者に安心与える関係築く

2016.09.26

  • ピックアップ

四国のがん治療の拠点、独立行政法人国立病院機構四国がんセンター(松山市南梅本町)。10年前に堀之内から現在地に移転して以来、緩和ケアに力を入れ、多くの専門病院のモデルになる取り組みを進めている。同病院 ...