がん治療後のリンパ浮腫患者さん対象アンケートにご協力ください

オンコロスタッフ紹介

執筆記事一覧

オンコロ・ニュース・ピックアップ始動~ジャンク情報を振るい落として配信する新規コンテンツ~

2016.06.13

  • オンコロブログ

オンコロの可知です。 先週ひっそりと開始したのが、オンコロ・ニュース・ピックアップ。スタッフが「これいいな。世の中の人にも知ってほしいな」と思った記事を配信するコンテンツです。 オンコロメンバーはLI ...

末期がんで“苦しまない最期“を迎える!? がん患者の8割が「悪液質」で痩せ衰える

2016.06.13

  • ピックアップ

最期の病と呼ばれる悪液質(cachexia;カヘキシー)は、「悪い状態」という意味の医学用語だ。重症の結核、糖尿病、心臓病、エイズなど、がん以外の疾患にも見られ、心不全患者の16~42%、慢性閉塞性肺 ...

小林麻央さんの乳がん発表で「私も検診行こう」の声 セルフチェックするには?

2016.06.13

  • ピックアップ

歌舞伎俳優の市川海老蔵さん(38)が6月9日、都内で緊急会見を開き、妻でフリーアナウンサーの小林麻央さん(33)が、乳がんを患っていることを明かした。会見を受けてTwitterなどには、「私も乳がん検 ...

「がん治療と仕事の両立」(視点・論点)

2016.06.13

  • ピックアップ

国立がん研究センターがんサバイバーシップ支援部の高橋都と申します。 がんサバイバーシップとは、聞きなれない言葉かもしれませんが、がんになったあとを生きていくプロセス全体のことを意味します。「がんサバイ ...

ASCO Direct 2016より(6月6日分)

2016.06.13

  • ピックアップ

ブログ 【大分での肺がん診療 九州・大分での肺がん診療について語ってみたいと思います。】より ASCO Direct 2016より(6月5日分)の続きとなります。 続いて6月6日分のエッセンスを。 ・ ...

手術後の経過報告(ノ)・ω・(ヾ)術後3日目!,[丸山夏鈴さんのブログより](59)

2016.06.13

  • ピックアップ

この記事は 21歳という若さで 2015年5月22日、肺がんのためお亡くなりになった丸山夏鈴さんが綴ってこられたブログです。がん検診の啓発、ならびに彼女のことを忘れてほしくないとの思いから、お母様に許 ...

ASCO Direct 2016より(6月5日分)

2016.06.13

  • ピックアップ

今週初めから一所懸命勉強して、今年の米国臨床腫瘍学会(ASCO)の話題を書こうと思っていたのですが、重症呼吸不全の患者さんを引き受けることになって、余裕がなくなってしまいました。  それでも、スキマ時 ...

閉経後ホルモン受容体陽性HER2陰性乳がん レトロゾールとパルボシクリブの併用療法の有効性を示唆 ASCO2016

2016.06.13

  • ニュース

6月3日から7日までシカゴで開催された第52回米国臨床腫瘍学会のAnnual Meeting(年次総会)にて、閉経後のER陽性HER2陰性進行乳がん患者に対する初回治療として、パルボシクリブとレトロゾールの併用療法が有効である旨が明らかになった。

【オンコロ1周年記念イベント】九州発のアイドルグループLinQ&ガールズロックバンドCYNTIAのメンバー来場決定!!

2016.06.10

  • オンコロブログ

6月18日に開催する“~Make it TRUE !! がん体験者(サバイバー)の主張”のオープニングセッションに、九州発のアイドルグループ:LinQの天野なつさん・杉本ゆささんと、ガールズロックバン ...

ホルモン受容体陽性閉経後乳がん 術後補助療法 アロマターゼ阻害薬10年間投与することにより再発リスクを低減 ASCO2016

2016.06.10

  • ニュース

ホルモン受容体陽性早期乳癌の術後補助療法としてアロマターゼ阻害剤を10年迄投与延長することで、再発リスクを低減する。 MA17R試験 米国臨床腫瘍学会(ASCO 2016 プレナリーセッション) 6月 ...

悪性黒色腫(メラノーマ)の予後はニボルマブ(オプジーボ)によりどれくらい変わったか?

2016.06.10

  • ピックアップ

悪性黒色腫(メラノーマ)は、メラノサイト由来の悪性腫瘍で、正確な発生原因は不明である。現在は表皮基底層部に存在するメラニンを生成する細胞であるメラノサイトの癌化によって生じてくるのではないかと考えられ ...

プロテアソーム阻害剤が最も有効な多発性骨髄腫患者の特定を可能にするTJP1タンパク/MDアンダーソンがんセンター

2016.06.10

  • ピックアップ

テキサス大学MDアンダーソンがんセンター主導の研究によると、TJP1(tight junction protein 1)として知られる遺伝子は、ボルテゾミブなどのプロテアソーム阻害剤やその感受性を増加 ...

検索結果からがんを発見できるように? MS研究者らが可能性を実証、医学誌に発表

2016.06.10

  • ピックアップ

ウェブ検索エンジンでどのような検索を行ったかによって、医師から診断される前に、がんになっていることが分かるかもしれない。その可能性を実証した研究成果を、マイクロソフト(MS)の研究者らが医学情報誌に発 ...

小林麻央の乳がん報道 隠したい病気まで表沙汰にするマスコミに批判の声

2016.06.10

  • ピックアップ

小林麻央の乳がんを伝えたマスコミの報道に、家族への配慮がないとネットで批判の声があがっている。 記事にはかん口令が敷かれているとあり、市川海老蔵も会見で語ったように家族は公にすることを望んでいなかった ...

【ビジネスの裏側】がん患者の希望の星「ニボルマブ」…小野薬品が“爆弾”新薬で狙う第2ステージとは

2016.06.10

  • ピックアップ

大阪の中堅製薬会社、小野薬品工業の業績に注目が集まっている。平成26年発売のがん治療薬「オプジーボ」(一般名ニボルマブ)の売り上げが大きく拡大しているためだ。患者自身の免疫に働きかけてがんを抑える画期 ...

専門医が推奨する「がん標準治療」、実施率は68%

2016.06.09

  • ピックアップ

 国立がん研究センターは、専門医が最良として推奨する治療法(標準治療)の実施率に関する初の調査結果をまとめた。分析した9項目を合計した実施率は68%。  年齢や体調を考慮して実施しなかった例を除くと6 ...

ボルテミゾブベース化学療法+幹細胞移植が、多発性骨髄腫の無増悪生存期間を延長/米国臨床腫瘍学会(ASCO)

2016.06.09

  • ピックアップ

米国臨床腫瘍学会(ASCO)の見解 「新規薬剤が使われる時代になっても、実績のある治療法がその価値を保っています。新規薬剤による治療後に幹細胞移植を実施するという、新旧それぞれの最良の方法を組み合わせ ...

【前を向いて生きるということ #3】ビジネスを創ったことのないぼくが「キャンサーペアレンツ」を創ろうと決めた理由

2016.06.09

  • ピックアップ

オンコロ1周年記念イベントやオンコロに連載企画を持っている西口洋平さんが、女性向けメディアWEB DRESSに連載している記事をピックアップしました。 職場復帰からキャンサーペアレンツを起こすきっかけ ...

がんを光らせるスプレー、食道がん識別に成功

2016.06.09

  • ピックアップ

 スプレー蛍光試薬によってがん細胞だけを光らせ、診断や治療の明確なガイドとする――。そんな手法の有効性が、人由来の検体で確かめられた。食道がんを選択的に光らせ、周囲の正常組織と識別することに、東京大学 ...

プラチナ製剤治療歴を有す頭頸部扁平上皮がん オプジーボの有効性を示唆 ASCO2016

2016.06.08

  • ニュース

6月3日~6月7日にシカゴで開催されている米国臨床腫瘍学会(ASCO)の年次会議にて、「プラチナ製剤による治療歴を有する進行頭頸部扁平上皮がん(SCCHN)患者を対象とた免疫チェックポイント阻害薬PD-1抗体ニボルマブ(オプジーボ)の第3相臨床試験(CheckMa…