新型コロナウイルスの流行に伴うイベントの開催可否について

IVR

【ここまで進んだ最新治療】がんの苦痛を和らげる「緩和医療」にも効果期待「IVR(画像下治療)」

2020.11.04

  • ピックアップ

放射線科医が主体になって行う治療法の1つに「IVR(画像下治療)」がある。 X腺やCT、超音波などで体内を透視した画像を見ながら、カテーテル(細い管)や針を用いて治療する。 傷が小さく、患者の体の負担 ...

がん診療の画像下治療広がる…苦痛緩和 高齢者にも

2020.10.19

  • ピックアップ

がん患者に対し、画像で体内の様子を見ながら治療する画像下治療(IVR)が広がっています。 進行したがんの苦痛を和らげたり、がんを縮小させたりすることを目的に、大がかりな外科的処置をせずに行う治療です。 ...

【第59回 希少がん Meet the Expert:希少がん診療におけるIVRの役割】動画公開

2020.07.27

  • セミナー動画

2020年1月31日(金)に、国立がん研究センター希少がんセンター待合にて開催しました「第59回 希少がん診療におけるIVRの役割」の講義を収録しました。 セミナーの動画を公開しましたので、ぜひご覧く ...

【第59回 希少がん診療におけるIVRの役割】希少がん Meet the Expert 2020参加者募集!

2017.11.25

  • 終了イベント

オンコロが共催する、がん情報究極のセミナー “まれ”な”がん”のことを”希少がん”といい、人口10万に6人未満のがんのこととされています。その種類は200にも及ぶとされています。そのような背景から、情 ...