新型コロナウイルスの流行に伴うイベントの開催可否について

全般のニュース


  • [公開日]2017.01.25
  • [最終更新日]2019.01.10

がん全般のニュースをご紹介しています。

がん患者に「第二の我が家」 NPO、ケア施設を開設 心配事、看護師らに相談

2017.02.17

  • ピックアップ

厚生労働省は地域がん診療連携拠点病院の指定要件として院内に「がん相談支援センター」を設置することを義務付けている。 現在、全国に399ある拠点病院は専従のスタッフを置き、患者や家族、地域住民の相談を受 ...

エヌトレクチニブが、さまざまな進行または転移性固形がんに効果がある可能性―STARTRK-2試験経過報告/米国がん学会(AACR)

2017.02.17

  • ピックアップ

2016年4月16~20日開催の米国がん学会(AACR)年次総会で発表された2件の第1相臨床試験の結果を合わせて考えると、 Trk、ROS1またはALK標的治療の治療歴のない、NTRK1/2/3、 R ...

がん患者全体の10年生存率は58%余

2017.02.17

  • ピックアップ

国立がん研究センターの研究班は、全国4万5000人の患者のデータを基に、がん患者全体の10年生存率は58.5%だったとする調査結果を公表しました。 続きを読む http://www3.nhk.or.j ...

電車内でそばにいる人が突然倒れた。その後、鞄に付いていたものの意味を知って、深く後悔した。

2017.02.17

  • ピックアップ

イラストレーターの“ぷちめい”さんが、先日Twitterに漫画を投稿しました。 電車の中で実際に体験した、「”知らない”ということが、後悔へ繋がったエピソード」を描いたものです。 満員電車で座っていた ...

退院後の生活で気になる 「経過観察」とは?

2017.02.17

  • ピックアップ

治療後の検査で「手術で、がんは取りきれたようです」「放射線の効果で、がん細胞は小さくなっていますね」と医師に言われることは、 つらい治療を耐えてきた患者さんにとって何よりの喜びだと思います。 でも、も ...

「ゲノム医療」臨床研究へ…東大、がんや難病で

2017.02.16

  • ピックアップ

東京大学は、がんや難病の患者の遺伝情報を基に、個人に最適な治療法を選択する「ゲノム医療」の臨床研究を始めると発表した。 学内に新設した患者の遺伝子を解析するシークエンス室と同大病院などが連携し、ゲノム ...

自宅で自分らしく死ねる。ある若き医師が起こした在宅医療革命

2017.02.16

  • ピックアップ

高齢化に歯止めをかける方法はいまだ見つかっていない日本。 2030年には3人に1人が高齢者となり、病床不足で47万人が死に場所のない「看取り難民」になるという深刻な現状に直面しています。 続きを読む ...

がん検診などでポイント 広島県が3月導入、買い物に使用可

2017.02.15

  • ピックアップ

広島県は14日、県民ががん検診を受けるなど健康づくりに取り組むことで加算される「ひろしまヘルスケアポイント」を、 3月10日から始めると発表した。たまったポイントは小売店の買い物などで使える。県民の健 ...

がんの化学療法による「外見の変化」、日常生活に与える影響は?

2017.02.14

  • ピックアップ

メディカルメイクアップアソシエーションはこのほど、「がん患者と一般生活者のがん治療における見た目の悩みに関する意識調査」の結果を発表した。 同調査は2017年1月、がんの化学療法による治療を行っている ...

「大丈夫!」と言えない医師

2017.02.14

  • ピックアップ

がんの医療現場で治療方針を決めるような意思決定の際に、患者さんの負担が大き過ぎるのではないかという問題点を2回にわたり取り上げてきました。 そして、その背景には、患者さん自身の価値観の多様性、医療技術 ...