プレシジョンメディシンとは?

プレシジョンメディシン(Precision Medicine)は、日本語では高精度医療といいます。

プレシジョンメディシンとは、がん細胞の遺伝子を次世代シークエンサーで解析し、がんの原因となった遺伝子変異を見つけ、その遺伝子変異に効果があるように設計した分子標的薬を使用するといった手法です。テーラーメード医療や個別化医療の一種です。

例えば、肺がん(非小細胞肺がん)は今や希少がんの集合といわれています。理由は、EGFR遺伝子変異、ALK遺伝子変異に代表される「がんの引き金になった遺伝子(ドライバーオンコジーン;driver oncogene)の変異」から罹患したがんの集合体であるからです。

EGFR遺伝子変異(30%)に対しては、EGFRチロシンキナーゼ阻害薬であるゲフィチニブ(イレッサ)、エルロチニブ(タルセバ)やアファチニブ(ジオトリフ)が奏効し、近年、これらに耐性ができた場合でも奏効する第3世代であるオシメルチニブ(タグリッソ)といった薬剤が上市されました。

ALK遺伝子変異(5%)に対しては、ALKチロシンキナーゼ阻害薬であるクリゾチニブ(ザーコリ)、アレクチニブ(アレセンサ)やセリチニブ(ジカディア)などが奏効し、日本で上市されています。

ROS1遺伝子変異(1~2%)に対してザーコリが、BRAF遺伝子変異(1%)に対してダブラフェニブ(タフィンラー)およびトラメチニブ(メキニスト)が希少疾病医薬品指定されています。

RET遺伝子変異(1~2%)については、スクラム・ジャパン主導のバンデタニブの臨床試験結果を2016年の米国臨床臨床腫瘍学会にて発表されました。
*2016年11月時点

その他、2016年2月、米国ではオバマ大統領が国家プロジェクトである「National Cancer Moonshot(ムーンショット)」イニシアティブを10億ドルを拠出して立ち上げましたが、その重要位置づけは、プレシジョン・メディシンとなっています。

プレシジョンメディシンの関連記事

下記にプレシジョンメディシンの関連記事をまとめました。

特集

【集中連載】がん治療の革命!? プレシジョン・メディシン⑩ 次世代シークエンサーによる網羅的な遺伝子検査は、いつ保険適用になるの? ~日本臨床腫瘍学会シンポ・レポート~

【集中連載】がん治療の革命?! プレシジョン・メディシン⑨ 北海道がんセンターでスタート、慶應大学病院で開始予定の「プレシジョン検査」とは

【集中連載】がん治療の革命?!プレシジョン・メディシン⑧ 国立がん研究センター中央病院が進める「TOP-GEARプロジェクト」とは

【集中連載】がんの革命?!プレシジョン・メディシン⑦ 京都大学医学部附属病院などで進む「オンコプライム」を用いた遺伝子診断・治療とは(下)

【集中連載】がんの革命?!プレシジョン・メディシン⑥ 京都大学医学部附属病院などで進む「オンコプライム」を用いた遺伝子診断・治療とは(上)

【集中連載】がん治療の革命?!プレシジョン・メディシン⑤ 3学会合同で進む遺伝子解析の標準化

【集中連載】がん治療の革命?!プレシジョン・メディシン④「近畿大クリニカルシーケンス」が実践する〝早い″〝安い″遺伝子解析

集中連載・がん治療の革命?!「プレシジョン・メディシン(高精度医療)③」 がん研究会が「がんプレシジョン医療研究センター」を始動

集中連載・がん治療の革命?!「プレシジョン・メディシン(高精度医療)②」国立がんセンターを中心に進む全国プロジェクト「SCRUM-Japan」(下)

集中連載・がん治療の革命?! プレシジョン・メディシン(高精度医療)①】 国立がんセンターを中心に進む全国プロジェクト「SCRUM-Japan」(上)

順天堂大学 堀江重郎医師に聞く、 泌尿器領域のがんに対するプレシジョン・メディシン② 腎臓がん、膀胱がん、精巣腫瘍 ~免疫チェックポイント阻害薬への期待とプレシジョン・サージェーリー~

泌尿器領域のがんに対するプレシジョン・メディシン①前立腺がんのプレシジョン・メディシン~AR-V7を測定し、薬剤効果を予測する~

ニュース

現役 治験責任医師が考える、オンコロジーCRAに求められるものインテリム×オンコロ共催 臨床開発職向けセミナーに参加して

7月27日~29日 第15回日本臨床腫瘍学会開催 ~最適ながん医療 -いつでも、何処でも、誰にでも- ~

特定の希少変異が認められば、年齢・がん種に関係なく効果が期待できる世界で初めての経口分子標的薬 Larotrectinib(LOXO-101) ASCO2017

BRAF V600遺伝子変異陽性非小細胞肺がん タフィンラー、メキニスト 承認申請

PARP阻害薬オラパリブ(リンパルザ) 遺伝性乳がん卵巣がんへの効果が期待~アストラゼネカ記者会見より③~

遺伝子異常を伴うがん患者に治療機会を広げる高精度医療(プレシジョンメディシン)のアプローチ アンブレラ・バスケット試験 ASCO2016

オプジーボなど薬価高騰!!医師は医療費のことを考えるべき?

非小細胞肺がん FDA(米国) タルセバ使用における、EGFR変異血液検査(リキッドバイオプシー)を承認

ピックアップ

NHKスペシャル【プレシジョンメディシン・精密医療とがん治療】

オンコロブログ

オンコロ掲載の米国臨床腫瘍学会(ASCO)関連の35のニュースのまとめ

ASCO関連ニュースを読む際に注意しなければならない7つのこと

「NHKスペシャル“がん治療革命”が始まった ~プレシジョン・メディシンの衝撃~ 」を視聴して

第56回日本肺癌学会学術集会に参加しました(患者向けセッション参加レポート)

がんの用語辞典

個別化医療(こべつかいりょう)


人気記事