支持療法・その他

主に痛みや呼吸困難の緩和が中心です。中皮腫はびまん性のため、放射線治療は通常は適応とならないことが多いです。そのため、局所的な痛みや穿刺経路への播種に対する治療手段として利用する場合を除き、神経根痛の治療には避けるべきと考えられています。

十分な鎮痛を行うのは困難ですが重要なことであり、痛みの管理には通常オピオイドが必要で、経皮型と留置型の両方の硬膜外カテーテルを用います。顆粒球―マクロファージコロニー刺激因子またはインターフェロン―γの胸膜内注射、静注ランピルナーゼ(リボヌクレアーゼ)、遺伝子治療も研究されています。

参考資料:
レジデントのための呼吸器内科ポケットブック(2012)
呼吸器疾患 (コメディカルのための最新医学講座 第2巻)(2005)
メルクマニュアル第18版
ワシントンがん診療マニュアル第2版

ウェブサイト:
国立がん研究センター希少がんセンター
http://www.ncc.go.jp/jp/rcc/01_about/mesothelioma/index.html
http://www.ncc.go.jp/jp/rcc/01_about/peritoneal_mesothelioma/index.html
がん情報サービス
http://ganjoho.jp/public/cancer/mesothelioma/treatment.html

×

中皮腫の治験・臨床試験広告


記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »