LINEで送る
Pocket

厚生労働省は、11月24日の薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会で、免疫チェックポイント阻害剤PD-1抗体ペムブロリズマブ(キイトルーダ)の非小細胞肺がんに対する効能追加を審議することを発表した。

2016年2月に「切除不能な進行または再発の非小細胞肺がん」として審議されるが、2次治療のみか、1次治療を含めるかを審議する見通し。

なお、キイトルーダの肺がん適応については、日本肺癌学会と日本肺がん患者連絡会が共同で「一次治療に関する早期承認」の要望書を厚生労働省に提出している一方、MSD株式会社は11月の薬価収載を見送ったと発表した。

なお、今度の第二部会にて了承された場合、今年中の承認される可能性がある。

日本肺癌学会×日本肺がん患者連絡会 キイトルーダの一次治療の早期承認を厚労省に要望書提出(オンコロニュース161025)

MSD株式会社 オプジーボと類薬の免疫チェックポイント阻害薬キイトルーダの11月薬価収載を見送り(オンコロニュース161110)

薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会

キイトルーダ(ペムブロリズマブ)とは

PD-1抗体とPD-L1抗体の違いについて

記事;可知 健太

LINEで送る
Pocket

人気記事