パトリツマブの薬剤概要

製品名

未定

一般名

パトリツマブ(patritumab)

用法用量

未定(3週間に1回パトリツマブとして9mg/kg(体重)もしくは18mg/kgを静脈注射により投与する)

効能効果

未定(HER2陽性再発難治性乳癌)

主な副作用

未定(呼吸困難、低血糖、貧血、発疹、疲労、下痢、吐き気など)

製造承認日

未定

パトリツマブの作用機序

抗HER3モノクローナル抗体であるパトリツマブはHER3活性を阻害することで抗腫瘍効果を示します。HERファミリーの1つであるHER3は自身はチロシンキナーゼ活性がないため、癌細胞の生存のシグナル伝達経路を加速させまん。しかし、HER3はHER2/HER3二量体となることで癌細胞を生存させるシグナル経路であるPI3K/Akt経路を活性化させます。

パトリツマブの最新情報

1)Patritumab plus trastuzumab and paclitaxel in human epidermal growth factor receptor 2-overexpressing metastatic breast cancer

概要

HER2陽性転移性乳癌患者18人に対してハーセプチン(トラスズマブ)+タキソール(パクリタキセル)+パトリツマブ併用療法を投与し、安全性忍容性を検証した試験。結果、パトリツマブの投与量は3週間に1回18 mg/kgまでなら安全性に問題がありませんでした。

出典

Cancer Science

配信日

2016年9月15日

パトリツマブの口コミ

医師のコメント

なし

その他医療関係者のコメント

パトリツマブの治験情報

1)Phase 1b/2 Study of U3-1287 in Combination With Trastuzumab Plus Paclitaxel in Newly Diagnosed Metastatic Breast Cancer (MBC)

HER2陽性転移性乳癌患者に対してハーセプチン+タキソール+パトリツマブ併用療法を投与し、安全性と忍容性を検証する試験。

治験の期限

2015年7月

参照
1)第一三共株式会社プレスリリース
2)患者さんのための乳がん診療ガイドライン

×

この記事に利益相反はありません。

人気記事

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »