ヒトパピローマウイルスによる口腔咽頭がんにかかっている人は、血中に抗体があるかどうかで生存率を予測できるかもしれない。

米国テキサス州立大学MDアンダーソンがんセンターの研究グループが、クリニカル・キャンサー・リサーチ誌において2015年6月15日に報告している。

続きはコチラ(Medエッジ)

写真はイメージ。記事と直接の関係はありません。(写真:trech_mouth/クリエイティブ・コモンズ表示 – 改変禁止 2.0 一般
×

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »