大腸がんの検診を受けてみると、ポリープが見つかった。

ちょっと心配にもなりそうだが、実際にはポリープを多く見つけてもらった人は大腸がんのリスクは低くなると分かった。

多く見つけてもらうのが大切であるようだ。

オランダ、エラスムスMCの健康科学研究所を中心とした研究グループが、有力医学誌ジャマ(JAMA)誌で2015年6月16日に報告した。

続きはコチラ Medエッジへ

Medエッジニュース(https://www.mededge.jp)~国内外の医療と健康のニュース~
写真はイメージ。記事と直接の関係はありません。(写真:Charlie Collis/クリエイティブ・コモンズ表示-改変禁止 2.0 一般

人気記事