新型コロナウイルスの流行に伴うイベントの開催可否について

進行性/転移性固形がん、多発性骨髄腫に対するRAF/MEK阻害薬CH5126766単剤療法の第1相試験The Lancet Oncologyより


  • [公開日]2020.11.16
  • [最終更新日]2020.11.10
この記事の3つのポイント
・複数種の進行性/転移性固形がん、多発性骨髄腫患者が対象の第1相試験
・RAF/MEK阻害薬CH5126766単剤療法安全性を検証
・第2相試験の推奨用量は単剤療法で4.0mgを週2回投与と決定し、客観的奏効率は27%だった

2020年10月28日、医学誌『The Lancet Oncology』にて複数種の進行性/転移性固形がん、多発性骨髄腫患者に対するRAF/MEK阻害薬であるCH5126766(VS-6766)単剤療法の安全性、有効性を検証した第1相試験(NCT02407509)の結果がThe Institute of Cancer Research and the Royal Marsden NHS Foundation TrustのChristina Guo氏らにより公表された。

本試験は、RAS-RAF-MEK経路の変異を有する複数種の進行性/転移性固形がん、多発性骨髄腫患者(内訳は非小細胞肺がん12人、婦人科悪性腫瘍5人、大腸がん4人、メラノーマ1人、多発性骨髄腫7人)に対して28日を1サイクルとしてCH5126766(VS-6766)3.2または4.0mg単剤療法を週3回投与する群、CH5126766(VS-6766)4.0mg単剤療法を週2回投与する群と、グレード2以上の有害事象があった場合にCH5126766(VS-6766)4.0mgを週2回3週間投与し1週間休薬する群に分けて、主要評価項目として第2相試験推奨用量(RPIID)、安全性、重要な副次評価項目として無増悪生存期間PFS)などを検証した単施設オープンラベルの第1相試験である。

CH5126766(VS-6766)は新規のRAF/MEK阻害薬であり、複数種の進行性/転移性固形がんに対して有望な抗腫瘍効果を示している。しかしながら、開発段階の初期に確認された有害事象(AE)により使用方法に制限が課されている。以上の背景より、複数種の進行性/転移性固形がん、多発性骨髄腫患者に対するRAF/MEK阻害薬CH5126766(VS-6766)単剤療法の安全性、有効性を検証する目的で本試験が開始された。

本試験のフォローアップ期間中央値2.3ヵ月時点における結果は下記の通りである。用量制限毒性DLT)は、CH5126766(VS-6766)4.0mg単剤療法週3回投与群でグレード3の両側網膜色素上皮剥離1人、CH5126766(VS-6766)3.2mg単剤療法週3回投与群でグレード3の皮膚障害2人、グレード3のクレアチンホスホキナーゼ上昇1人が確認され、主要評価項目である第2相試験推奨用量(RPIID)は4.0mg単剤療法週2回投与として決定された。

最も多くの患者で確認されたグレード3~4の治療関連有害事象(TRAE)は皮膚障害19%(N=11人)、クレアチンホスホキナーゼ上昇11%(N=6人)、低アルブミン血症11%(N=6人)、倦怠感7%(N=4人)を示した。また、重篤な治療関連有害事象(TRAE)は9%(N=5人)の患者で確認され、治療関連有害事象(TRAE)による死亡は0人であった。

評価可能であった26人の副次評価項目である客観的奏効率(ORR)は27%(N=7人、95%信頼区間:11.6%~47.8%)だった。

以上の第1相試験の結果よりChristina Guo氏らは「本試験は、複数種の進行性/転移性固形がん、多発性骨髄腫患者に対するRAF/MEK阻害薬CH5126766(VS-6766)単剤療法の安全性、抗腫瘍効果を示した初の臨床試験になります。CH5126766(VS-6766)は単剤および併用療法としてさらなる評価が必要とされています」と結論を述べている。

Intermittent schedules of the oral RAF–MEK inhibitor CH5126766/VS-6766 in patients with RAS/RAF-mutant solid tumours and multiple myeloma: a single-centre, open-label, phase 1 dose-escalation and basket dose-expansion study(Lancet Oncol.2020 Oct 28; S1470-2045(20)30464-2.DOI: https://doi.org/10.1016/S1470-2045(20)30464-2)

×

この記事に利益相反はありません。