非小細胞肺癌の新薬トレメリムマブとは

オプジーボ(ニボルマブ)、キイトルーダ(ペムブロリズマブ)が肺癌診療ガイドライン2016の推奨薬剤として掲載されるなど、非小細胞肺癌の治療薬として免疫チェックポイント阻害剤である抗PD-1/PD-L1抗体薬はゴールデンスタンダードになりつつあります。

もしも近い将来、新しい治療方法が確立するととしたら、抗PD-1/PD-L1抗体薬にプラスαの薬を併用する治療方法でしょう。そして、このプラスαの薬として注目されているのが

トレメリムマブ

です。トレメリムマブは抗PD-L1抗体薬であるデュルバルマブとの併用で、肺癌の中でも約80%を占める非小細胞肺癌の一次治療としての治療方法が期待されています。

これまで非小細胞肺癌の治療として免疫チェックポイント阻害剤その効果が証明されたのは、一次治療においては抗PD-1抗体薬のキイトルーダ単剤療法がPD-L1発現率50%以上の患者に対して、二次治療においては抗PD-1抗体薬のオプジーボ単剤療法、抗PD-L1抗体薬のテンセントリク単剤療法がPD-L1の発現率に関係なく、その効果が証明されています。

しかし、その効果はあくまでも単剤治療であって非小細胞肺癌他の薬剤との併用療法はまだ証明されていません。さらに、非小細胞肺癌の現在の治療はEFGR遺伝子変異、ALK遺伝子転座など遺伝子別に応じて治療方法を変更する必要がありますが、トレメリムマブとデュルバルマブの併用療法には患者背景の違いを考慮することなく治療できる可能性があるのです。

トレメリムマブの薬剤概要

製品名

未定

一般名

トレメリムマブ(tremelimumab)

用法用量

未定(トレメリムマブとして4週間に1回1mg/kgを点滴静注する)

効能効果

未定(再発難治性の非小細胞肺癌)

主な副作用

未定(下痢、大腸炎、リパーゼの増加)

製造承認日

未定

トレメリムマブの作用機序


完全ヒト型抗CTLA-4抗体であるトレメリムマブはCTLA-4の活性を阻害することにより、T細胞活性化の抑制を解除し、がん細胞に対する免疫応答を活性化させます。

トレメリムマブの最新情報

1)Safety and antitumour activity of durvalumab plus tremelimumab in non-small cell lung cancer: a multicentre, phase 1b study

概要

ステージⅣ非小細胞肺癌の患者の一次治療としてトレメリムマブ+デュルバルマブ併用療法を投与し、その安全性を検証した試験。

出典

The Lancet

配信日

2016年2月

トレメリムマブの口コミ

医師のコメント

その他医療関係者のコメント

トレメリムマブの治験情報

1)Study of 1st Line Therapy Study of MEDI4736 With Tremelimumab Versus SoC in Non Small-Cell Lung Cancer (NSCLC) (NEPTUNE)

概要

ステージⅣのEGFR遺伝子変異陰性かつALK遺伝子転座陰性非小細胞肺癌患者の一次治療として、トレメリムマブとデュルバルマブの併用療法、又はパクリタキセルとカルボプラチンの併用療法、又はゲムシタビンとシスプラチンの併用療法を投与し、OS(全生存期間)を比較検証する治験

治験の期限

2018年10月

参照
1)アストラゼネカ株式会社プレスリリース
2)がん免疫療法:基礎研究から臨床応用にむけて
3)肺癌診療ガイドライン


この記事に利益相反はありません。

人気記事