腎細胞がん/腎がんの患者さん対象のインタビュー調査にご協力ください

ホジキンリンパ腫の治療法


  • [公開日]2017.12.25
  • [最終更新日]2018.01.11

ホジキンリンパ腫(HL)の治療法

ホジキンリンパ腫(HL)の代表的な化学療法はABVD療法(ドキソルビシン+ブレオマイシン+ビンブラスチン+ダカルバジン)です。2014年からは、CD30標的抗体医薬のブレンツキシマブ ベドチン(商品名アドセトリス)が使用可能になっています。

古典的ホジキンリンパ腫は限局期(I期またはII期)、進行期(III期またはIV期)ともにABVD療法単独、またはABVD療法と放射線療法の併用が推奨されています。

治療で奏効した後の再発、または病勢進行(PD)・不変の場合は救援化学療法に移行し、65歳以下で救援化学療法により奏効した場合は、造血幹細胞移植を実施することができます。救援化学療法はABVD療法以外の抗がん剤の組合せで実施します。

結節性リンパ球優位型ホジキンリンパ腫の限局期(I期またはII期)の治療は放射線療法のみ、進行期(III期またはIV期)は古典的ホジキンリンパ腫の進行期と同様です。

*救援化学療法:Dexa-BEAM療法(デキサメタゾン+カルムスチン+エトポシド+シタラビンメルファラン)、Mini-BEAM療法(カルムスチン+エトポシド+シタラビン+メルファラン)、ICE療法(イホスファミド+カルボプラチン+エトポシド)、ESHAP療法(エトポシド+メチルプレドニゾロン+シスプラチン+シタラビン)など

参考:日本血液学会造血器腫瘍診療ガイドライン、日本癌治療学会がん診療ガイドライン、国立がん研究センターがん情報サービス、国立がん研究センター希少がんセンター、日本造血細胞移植学会ガイドライン

×