2月16日、厚生労働省医薬・生活衛生局審査管理課はニボルマブ(オプジーボ)を効能・効果「ホジキンリンパ腫」にて、希少疾病用医薬品に指定したた通知を発行しました。

【希少疾病用医薬品】
さまざまな支援措置が受けられますが、開発段階にて患者さんへの何よりも恩恵は優先審査対象となることです。これにより、他の医薬品・医療機器に優先して承認審査がなされることになります。

【ホジキンリンパ腫について】
年間罹患者数が17,000人程度である悪性リンパ腫のうち、ホジキンリンパ腫は5~10%%程度となり、稀ながんと言えます。
図1

希少疾病用医薬品の指定について(薬生審査発031 6第3 号)

記事:可知 健太


この記事に利益相反はありません。

人気記事