2月16日、厚生労働省医薬・生活衛生局審査管理課はニボルマブオプジーボ)を効能・効果「ホジキンリンパ腫」にて、希少疾病用医薬品に指定したた通知を発行しました。

【希少疾病用医薬品】
さまざまな支援措置が受けられますが、開発段階にて患者さんへの何よりも恩恵は優先審査対象となることです。これにより、他の医薬品・医療機器に優先して承認審査がなされることになります。

【ホジキンリンパ腫について】
年間罹患者数が17,000人程度である悪性リンパ腫のうち、ホジキンリンパ腫は5~10%%程度となり、稀ながんと言えます。
図1

希少疾病用医薬品の指定について(薬生審査発031 6第3 号)

記事:可知 健太

×

この記事に利益相反はありません。

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »