本ページは株式会社インテリムとオンコロで共同で作成しています。

概要

一般名 アクチノマイシンD
商品名 コスメゲン
治験薬コード
一般名英語表記 Actinomycin
商品名英語表記 COSMEGEN
種類 ポリペプチド系抗がん性抗生物質
種類
投与経路 注射
適応がん種 1. ウイルムス腫瘍、絨毛上皮腫、破壊性胞状奇胎
2. 小児悪性固形腫瘍においての腫瘍剤との併用療法

特徴

コスメゲンは抗がん性抗生物質のポリペプチド系に分類される抗がん剤の一種です。がん細胞が分裂する際に、最初に細胞核内にある遺伝子の本体であるDNAが合成され複製されますが、コスメゲンはDNAの二重らせん構造の鎖の間に入り込み、その合成を阻害します。

また、DNAの合成に関与する酵素であるトポイソメラーゼⅡの働きを阻害しDNAの複製を抑制することによってがん細胞を死滅させます。2017年2月現在、ウイルムス腫瘍、絨毛上皮腫、破壊性胞状奇胎、小児悪性固形腫瘍(ユーイング肉腫ファミリー腫瘍、横紋筋肉腫、腎芽腫その他腎原発悪性腫瘍)に適応があります。

効能・効果

1. ウイルムス腫瘍、絨毛上皮腫、破壊性胞状奇胎

2. 以下の悪性腫瘍に対する他の抗悪性腫瘍剤との併用療法小児悪性固形腫瘍(ユーイング肉腫ファミリー腫瘍、横紋筋肉腫、腎芽腫その他腎原発悪性腫瘍)

用法及び用量

1. ウイルムス腫瘍、絨毛上皮腫、破壊性胞状奇胎に対する一般的な投与法は次の通りである。
成人:通常1日量体重1kg当り0.010mg(10μg)5日間の静脈内注射を1クールとする。
小児:通常1日量体重1kg当り0.015mg(15μg)5日間の静脈内注射を1クールとする。
休薬期間は通常2週間であるが、前回の投与によって中毒症状があらわれた場合、中毒症状が消失するまで休薬する。
2. 小児悪性固形腫瘍
(ユーイング肉腫ファミリー腫瘍、横紋筋肉腫、腎芽腫その他腎原発悪性腫瘍)に対する他の抗悪性腫瘍剤との併用療法の場合

(1)1回投与法
他の抗悪性腫瘍剤との併用における用法・用量は、1日1回1.25~1.35mg/m2(体重30kg以上:1日最大投与量2.3mg)
または0.045mg/kg(体重30kg未満)を静注または点滴静注とする。

(2)分割投与法
他の抗悪性腫瘍剤との併用における用法・用量は、1日1回0.015mg/kg(1日最大投与量0.5mg)を静注または点滴静注、5日間連続投与とする。休薬期間は通常2週間であるが、前回の投与によって中毒症状があらわれた場合は、中毒症状が消失するまで休薬する。年齢、併用薬、患者の状態に応じて適宜減量を行う。

重大な副作用

骨髄抑制、アナフィラキシー様反応、肝静脈閉塞症、播種性血管内凝固症候群、中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群

参考リンク

https://www.pmda.go.jp/PmdaSearch/iyakuDetail/GeneralList/4233400D1


人気記事