本ページは株式会社インテリムとオンコロで共同で作成しています。

概要

一般名 ペルツズマブ
商品名 パージェタ
治験薬コード
一般名英語表記 Pertuzumab
商品名英語表記 PERJETA
種類 分子標的薬
種類 抗HER2抗体
投与経路 注射
適応がん種 乳癌

特徴

パージェタは抗HER2抗体という分子標的薬の一種であり、がんの増殖にかかわる分子を狙い撃ちする薬剤です。乳がんの中には細胞表面にHER2(ヒト上皮増殖因子受容体2型)というタンパク質分子を過剰に発現しているタイプ(HER2陽性といいます)が存在します。HER2が過剰に発現していると、HER2に内蔵されているチロシンキナーゼという酵素の働きが活発になり、細胞増殖の命令が過剰になる結果、がん細胞が増殖します。パージェタはHER2の働きを阻害することにより、がん細胞の増殖を抑えます。2017年2月現在、HER2陽性の手術不能又は再発乳癌に適応があります。

効能・効果

HER2陽性の手術不能又は再発乳癌

用法及び用量

トラスツズマブ(遺伝子組換え)と他の抗悪性腫瘍剤との併用において、通常、成人に対して 1 日 1 回、ペルツズマブ(遺伝子組換え)として初回投与時には840mgを、 2 回目以降は420mgを60分かけて 3 週間間隔で点滴静注する。なお、初回投与の忍容性が良好であれば、 2 回目以降の投与時間は30分間まで短縮できる。

重大な副作用

好中球減少症、白血球減少症、Infusion reaction、アナフィラキシー、過敏症、間質性肺疾患

参考リンク

https://www.pmda.go.jp/PmdaSearch/iyakuDetail/GeneralList/4291424A1


人気記事