【プレゼントキャンペーン】がん研有明病院 高野先生書籍「がんとともに、自分らしく生きる~希望をもって、がんと向き合う「HBM」のすすめ~」

オニバイド(イリノテカン)


  • [公開日]2022.07.22
  • [最終更新日]2022.07.27

概要

一般名 イリノテカン
商品名 オニバイド
治験薬コード
一般名英語表記 Irinotecan
商品名英語表記 Onivyde
種類 抗悪性腫瘍剤
投与経路 点滴静注
適応がん種 がん化学療法後に増悪した治癒切除不能な膵癌

特徴

細胞分裂の初期段階で必要なDNAの複製という過程において、トポイソメラーゼという酵素は、「DNAの切断→らせん構造の解消→再結合」によって、DNAのねじれたらせん構造を解消する働きを担っています。トポイソメラーゼは、DNAの一本鎖を切断するか二本鎖を切断するかによって、I型とII型に分類されます。
すでに承認されているI型トポイソメラーゼ阻害剤のひとつにイリノテカンがあり、DNA合成を抑制することによって細胞増殖を抑える働きをします。オニバイドは、このイリノテカンを封入したリポソーム製剤であり、貪食細胞であるマクロファージに取り込まれると、イリノテカンが細胞外に放出されます。放出されたイリノテカンはがん組織で代謝され、活性体であるSN-38に変換されて、がん細胞選択的に増殖抑制作用を示すと考えられています。

効能・効果

がん化学療法後に増悪した治癒切除不能な膵癌

用法及び用量

フルオロウラシル及びレボホリナートとの併用において、通常、成人にはイリノテカンとして1回70mg/m2(体表面積)を90分かけて2週間間隔で点滴静注する。なお、患者の状態により適宜減量する。

重大な副作用

骨髄機能抑制、下痢、感染症肝機能障害黄疸、Infusion reaction、血栓塞栓症、腸炎・腸閉塞・消化管出血、播種性血管内凝固、間質性肺疾患、急性腎障害、心筋梗塞・狭心症、心室性期外収縮

参考リンク

https://www.pmda.go.jp/PmdaSearch/iyakuDetail/GeneralList/4240404

×