本ページは株式会社インテリムとオンコロで共同で作成しています。

概要

一般名 ビノレルビン
商品名 ナベルビン
治験薬コード
一般名英語表記 Vinorelbine
商品名英語表記 Navelbine
種類 植物アルカロイド
種類
投与経路 注射
適応がん種 非小細胞肺癌、乳癌

特徴

ナベルビンはビンカアルカロイド系の薬と同様、微小管や微小管を構成するチューブリンに作用する微小管重合阻害薬と呼ばれる種類の薬になります。特徴としては他のビンカアルカロイド系と違って脂溶性であることから、肺に作用しやすい抗がん剤になります。また、神経に対する影響は少ないと言われています。適応は非小細胞肺がん、手術不能あるいは再発した乳がんになります。

副作用としては骨髄抑制が代表的なものになります。また、ビノレルビンは、注射をした血管に痛みを感じたり、赤く腫れたりする血管炎の起こりやすい薬でもありますので、血管外漏出には特に注意が必要です。

効能・効果

非小細胞肺癌、手術不能又は再発乳癌

用法及び用量

・非小細胞肺癌の場合
通常、成人にはビノレルビンとして1回20〜25mg/m2を1週間間隔で静脈内に緩徐に注射する。なお、年齢、症状により適宜増減する。ただし、1回最高用量は25mg/m2とする。

・手術不能又は再発乳癌の場合
通常、成人にはビノレルビンとして1回25mg/m2を1週間間隔で2週連続投与し、3週目は休薬する。なお、年齢、症状により適宜減量する。

重大な副作用

骨髄機能抑制、 間質性肺炎、肺水腫、気管支痙、麻痺性イレウス、心不全、心筋梗塞、狭心症、
ショック、アナフィラキシー、肺塞栓症、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群、急性腎不全、急性膵炎

参考リンク

https://www.pmda.go.jp/PmdaSearch/iyakuDetail/GeneralList/4240407A1


人気記事