本ページは株式会社インテリムとオンコロで共同で作成しています。

概要

一般名 メトトレキサート
商品名 メソトレキセート
治験薬コード
一般名英語表記 Methotrexate
商品名英語表記 METHOTREXATE
種類 代謝拮抗薬
種類 葉酸拮抗薬
投与経路 内服
適応がん種 ・急性白血病
・慢性リンパ性白血病
・慢性骨髄性白血病
・絨毛性疾患(絨毛癌、破壊胞状奇胎、胞状奇胎)

特徴

メソトレキセートは、葉酸拮抗薬に分類される抗がん剤です。メソトレキセートは、DNAの合成に必須な葉酸(ビタミンM)とよく似た構造をしています。葉酸は細胞内で酵素によって活性化され、DNA合成に使用されますが、この酵素は葉酸だけでなく、構造の似ているメソトレキセートとも結合します。メソトレキセートは葉酸とこの酵素を奪い合うことで、葉酸が活性化されるのを阻害します。その結果、DNA合成が阻害され、がん細胞の増殖が停止します。

効能・効果

・急性白血病
・慢性リンパ性白血病
・慢性骨髄性白血病
・絨毛性疾患(絨毛癌、破壊胞状奇胎、胞状奇胎)

用法及び用量

1、白血病の場合
メトトレキサートとして、通常、次の量を 1 日量として 1 週間に3 ~ 6 日経口投与する。
幼児 1.25~2.5 mg
小児 2.5~ 5 mg
成人 5 ~10 mg

2、絨毛性疾患の場合
1 クールを 5 日間とし、メトトレキサートとして、通常、成人 1日10~30 mg( 4 ~12錠)を経口投与する。休薬期間は、通常、 7 ~12日間であるが、前回の投与によって副
作用があらわれた場合は、副作用が消失するまで休薬する。
なお、いずれの場合でも年齢、症状により適宜増減する。

重大な副作用

ショック、アナフィラキシー骨髄抑制、感染症敗血、
劇症肝炎、肝不全、骨髄抑制、感染症、敗血症、
劇症肝炎、肝不全、急性腎不全、尿細管壊死、重症ネフロパチー、間質性肺炎、肺線維症、胸水、
中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、出血性腸炎、壊死性腸炎、膵炎、骨粗鬆症、脳症、

参考リンク

https://www.pmda.go.jp/PmdaSearch/iyakuDetail/GeneralList/4222001F1


人気記事