本ページは株式会社インテリムとオンコロで共同で作成しています。

概要

一般名 ゲムシタビン
商品名 ジェムザール
治験薬コード
一般名英語表記 Gemcitabine
商品名英語表記 Gemzar
種類 代謝拮抗剤
種類 ピリミジン拮抗薬
投与経路 注射
適応がん種 非小細胞肺癌、膵癌、胆道癌、尿路上皮癌、手術不能又は再発
乳癌、がん化学療法後に増悪した卵巣癌、再発又は難治性の悪性リンパ腫

特徴

ジェムザールは代謝拮抗薬の中でも「ピリミジン拮抗薬」に分類される抗がん剤の1つです。ジェムザールは、がん細胞のDNAに入り込み、細胞分裂に必要なDNAの合成を阻害してがん細胞を消滅させ、がんの分裂や増殖を抑える働きがあります。このような作用機序は、同じピリミジン拮抗薬である「シタラビンキロサイド)」と似ていますが、ジェムザールはシタラビンと違って細胞周期に関わりなく作用するため、より高い抗腫瘍効果を発揮しますので、シタラビンが使われない固形がんに多く使われている薬剤です。

適応は膵臓がん、非小細胞肺がん、胆道がん、尿路上皮がん、切除不能の乳がん、そして化学療法の後に悪化した卵巣がんです。副作用としては、白血球や血小板の減少が見られる「骨髄抑制」が代表的なものとなりますが、吐気や嘔吐、脱毛、全身倦怠感といった自覚症状の副作用は軽く済むことが多いと言われています。

用法及び用量

1 .非小細胞肺癌、膵癌、胆道癌、尿路上皮癌、がん化学療法後に増悪した卵巣癌、再発又は難治性の悪性リンパ腫の場合通常、成人にはゲムシタビンとして1回1000mg/m2を30分かけて点滴静注し、週1回投与を3週連続し、4週目は休薬する。これを1コースとして投与を繰り返す。なお、患者の状態により適宜減量する。

2 .手術不能又は再発乳癌の場合
通常、成人にはゲムシタビンとして1回1250mg/m2を30分かけて点滴静注し、週1回投与を2週連続し、3週目は休薬する。これを1コースとして投与を繰り返す。なお、患者の状態により適宜減量する。

重大な副作用

間質性肺炎アナフィラキシー、心筋梗塞、うっ血性心不全、肺水腫、気管支痙攣、成人呼吸促迫症候群(ARDS)、腎不全、溶血性尿毒症症候群、皮膚障害、肝機能障害黄疸、白質脳症

参考リンク

http://www.pmda.go.jp/PmdaSearch/iyakuDetail/GeneralList/4224403D1

×

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »