本ページは株式会社インテリムとオンコロで共同で作成しています。

概要

一般名 メルファラン
商品名 アルケラン
治験薬コード
一般名英語表記 Melphalan
商品名英語表記 ALKERAN
種類 アルキル化剤
種類
投与経路 内服
適応がん種 多発性骨髄腫

特徴

アルケランはアルキル化剤という抗がん剤の一種です。がん細胞が分裂する際に、最初に細胞核内にある遺伝子本体であるDNAが複製されますが、アルケランはDNAにアルキル基という化合物を結合させることによってDNAの複製を阻害し、がん細胞の分裂を阻止します。2017年2月現在、多発性骨髄腫や造血幹細胞移植時の前処置に適応があります。

効能・効果

悪性リンパ腫,乳癌,肝細胞癌

用法及び用量

① 1日1回メルファランとして2~4mg(本剤1~2錠)を連日経口投与する

又は
② 1日1回メルファランとして6~10mg(本剤3~5錠)を4~10日間(総量40~60mg)経口投与し、休薬して骨髄機能の回復を待ち(通常2~6週間)、1日2mg(本剤1錠)の維持量を投与する。

又は
③ 1日1回メルファランとして6~12mg(本剤3~6錠)を4~10日間(総量40~60mg)経口投与し、休薬して骨髄機能の回復を待ち(通常2~6週間)、同様の投与法を反復する。なお、投与中は頻回に血液検査を行い、特に白血球数、血小板数を指標として適宜用量を増減又は休薬する。

重大な副作用

骨髄抑制、汎血球減少、白血球減少、血小板減少、貧血、アナフィラキシー、重篤な肝障害、黄疸、間質性肺炎、肺線維症、間質性肺炎、肺線維症、溶血性貧血、

参考リンク

https://www.pmda.go.jp/PmdaSearch/iyakuDetail/GeneralList/4219002F1


人気記事