コラム

オンコロの可知です。先日、国立がん研究センター東病院院長である大津先生にインタビューに行ってきました。テーマは「プレシジョン・メディシンとスクラム・ジャパン」について。

記事は大津先生のチェックも入りますが、このメルマガは大津先生チェックなしですので、具体的な内容については触れませんが、感想をつれづれと・・・

スクラム・ジャパンは個々人の発がんした原因を遺伝子解析して発見し、もし、それに対応する治験があれば参加するというものになります。(厳密にいうと遺伝子解析部分のみの研究となります)

現在、肺がんと消化器がん(食道、胃、大腸、胆道、肝臓)対象で実施されており、4月から第二期となるようです。ただ、他のがん種に広げるのはなかなか難しそうだなと思いました。理由はいくつかありそうでしたが、お金と人の問題が大きそうです。

なお、私自身知らなかった情報として、胆道がんはFGFRやIDHなどドライバー変異が多く10%ほどの方が該当するとのことでした。4月から第二期が始まるGI-SCREENにて検査可能のようです。胆道がんの方には吉報かもしません。

ちなみに、私は記事を書かないので、読みやすいものになると思います。乞うご期待

あ、本日19時よりOncolo Meets Cancer Expertsが開催します。免疫チェックポイント阻害薬をテーマにがん免疫学会理事長(慶応大教授)の河上先生がご講演されます。河上先生の話は少し難しいですが、いつも面白い内容ですので楽しみです。
https://goo.gl/NRtGcA

*スクラム・ジャパン:https://goo.gl/Xj05KA

がん情報サイト「オンコロ」責任者 可知健太


人気記事