LINEで送る
Pocket

近畿がん診療推進ネットワーク主催するがん医療に携わる (志す)医療者・学生を対象としたイベントの紹介です。ふるってご参加ください。

がん患者・家族に必要な支援とは

近年のがん治療の進歩に伴い、がん種別だけではなく、世代別、居住地域別、社会的立場別など、がん患者が直面する問題と希望するがん医療は多様化しています。
このシンポジウムでは、小児がん、難治性がん、希少がん、に罹患された、様々な立場のサバイバーから、がんに罹患したことで気づいた問題点、医療者、社会に期待するがん医療について、共に考えます。
是非、多くのがん医療にがん医療に携わる(志す)医療者・学生の参加をお待ちしています。

プログラム

15:00-15:10 「公開シンポジウムの趣旨と目的」
中川 和彦(特定非営利活動法人近畿がん診療推進ネットワーク 理事長/近畿大学 医学部内科学腫瘍内科部門 教授)
15:10-15:25 「呼吸器内科医が縦隔腫瘍になって気づいたこと、感じたこと」
座長:南 博信(神戸大学大学院 医学研究科内科学講座 腫瘍・血液内科学分野 教授
講師:清水 秀文(JCHO 東京新宿メディカルセンター 呼吸器内科/縦隔腫瘍(性腺外胚細胞腫瘍)
15:25-15:40 「20代でオストメイトになって気づいたこと、感じたこと」
座長:川口 知哉 (大阪市立大学大学院 医学研究科 呼吸器内科学 臨床腫瘍学 病院教授)
講師:関口 陽介(20代・会社員 横紋筋肉腫経験者)
15:40-15:55 「AYA世代のがん経験を通して気づいたこと、感じたこと」
座長:林田 裕美(大阪市立大学大学院 看護学研究科 准教授)
講師:濱中 真帆(20代・学生/AYA世代のがん経験者)
15:55-16:10 「がん患者の家族として気づいたこと、感じたこと」
座長: 鈴木 志津江 (神戸市看護大学 学長)
講師: 清田 尚臣(神戸大学医学部附属 腫瘍・血液内科)
16:10-16:35 「肝臓がんを経験して医療者に伝えたいこと」
座長:田村 孝雄(近畿大学医学部 内科学腫瘍内科部門 教授)
講師:山下 弘子
16:35-16:45 休 憩
16:45-17:30
Q&A Interactive Session
「がん患者に必要な支援について考える」
座長: 福岡 和也(近畿大学医学部附属病院 臨床研究センター 教授)
パネリスト: 上記講演者
17:30-17:40
Closing Lecture
「がん医療に関わる医療者に求められること」
中川 和彦 (特定非営利活動法人近畿がん診療推進ネットワーク 理事長/近畿大学 医学部内科学腫瘍内科部門 教授)
17:50-19:00 懇親会

※敬称略

開催概要

イベント名 がん患者・家族に必要な支援とは〜がん医療に携わる(志す)医療者・学生対象
開催日時 2017年1月21日(土)15:00~17:40(開場14:30)
会場 シンポジウム:ブリーゼプラザ 小ホール
懇親会: ブリーゼプラザ 801-802
参加費 無料
対象者 がん医療に携わる (志す)医療者・学生
主催 近畿がん診療推進ネットワーク
共催 7大学連携先端的がん教育基盤創造プラン
開催協力 企画・運営:認定NPO法人キャンサーネットジャパン
お申込み ホームページ:http://www.cancernet.jp/19528
メール:0121kp-net@cancernet.jp
FAX:06-6886-3387
備考 メール・FAXでお申し込みの場合、
「1 月21 日シンポジウム申し込み」と明記の上、
下記必要事項を記入してお申込み下さい。
 1. 氏名(フリガナ)
 2. 所属(大学・病院など)
 3. 立場(医師・看護師・薬剤師・そのほか)
 4. 連絡先(①メール ②FAX ③電話 )
 5. 懇親会参加の有無
●定員:330 名( 定員になり次第締切ります)定員に満たない場合、当日もご入場いただけます。

0001

0002

案内チラシのPDFはコチラ

LINEで送る
Pocket

人気記事