2016年1月から「全国がん登録」制度がスタートしました。

この「全国がん登録」とは簡単にいうと、がんになった全ての人の情報を登録して国でデータベース化をするというものです。これにより、精度の高い罹患数、生存率などの統計データが得られるようになります。また、この集められたデータは専門家らによって分析され、今後のがんの治療や予防などの”がん対策”に役立つことが期待されています。

■「全国がん登録」制度がスタートした背景

実はこれまでも「がん登録」は行われていたのですが、そのデータ収集は都道府県ごとに行われていました。(地域がん登録)。そのため県をまたぐ通院や他県引っ越しをした方の情報が重複するなどの問題がありました。また、この都道府県へのがん情報の提供は医療機関ごとに行われていました。(院内がん登録)。そしてこの院内がん登録は義務付けられていなかったため、全ての医療機関のデータは集まっていませんでした。

このような問題を解決するべく、より正確ながんのデータを集めるために「全国がん登録」制度は開始されました。この制度では全国の医療機関にがん登録を義務付けています。

なお、このがん登録は医療機関で行われるので患者さんが行うことは特にありません。

※詳しい情報はがん情報サービスにて掲載されております。

http://ganjoho.jp/reg_stat/can_reg/national/about.html

この「全国がん登録」により日本のがん研究がさらに進んでいくことを願います。

 

記事担当 HAMA

 


人気記事