胃がんの化学療法による副作用

胃がんの化学療法により発症する副作用は、抗がん剤や分子標的治療薬の種類によって異なり、また個人差もあります。一般的に発症する副作用としては抗がん剤、分子標的治療薬により大きく異なります。

例えば、ティーエスワン、ゼローダ、エルプラット、シスプラチンパクリタキセルなどの抗がん剤では食欲不振、吐き気・嘔吐、下痢などの消化器症状や、白血球減少、血小板減少、貧血などの骨髄抑制が出ます。

一方抗がん剤と比べて副作用が少ないとされるハーセプチン、サイラムザなどの分子標的治療薬では、ハーセプチンは投与開始24時間以内のインフュージョンリアクション(発熱、寒気、吐き気、頭痛など)が、サイラムザでは高血圧や鼻出血などの副作用が出るので注意が必要です。

×

人気記事

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »