<6月8日(土)開催! 胃がんキャラバンin大阪>

膀胱がんの免疫療法(免疫チェックポイント阻害薬)


  • [公開日]2018.06.25
  • [最終更新日]2019.01.10

今後注目される免疫療法

免疫チェックポイント阻害薬と呼ばれる分子を標的とするがん免疫療法が登場したことで、膀胱がんの新たな治療法が確立する可能性が期待されています。プログラム細胞死受容体1(PD-1)やそのリガンドであるPD-L1などに結合する抗体医薬の臨床開発が様々ながん種を対象として進められています。

がん細胞に直接作用する化学療法とは異なり、免疫機構を介して抗腫瘍免疫を活性化する治療法のため、がん種を問わず効果が見込める。一方で、作用機序の異なる化学療法とは副作用も異なり、特に免疫関連の有害事象が想定されています。

×