「プライバシー情報マネジメントシステム」認証取得のお知らせ

パクリタキセル

進行性扁平上皮非小細胞肺がんに対するファーストライン治療としてのプラチナ系抗がん剤+ベリパリブ併用療法、喫煙者の全生存期間は有意に延長せず

2021.09.08

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・進行性扁平上皮非小細胞肺がん患者が対象の第3相試験 ・ファーストライン治療としてのプラチナ系抗がん剤+ベリパリブ併用療法の有効性・安全性を比較検証 ・喫煙者群の全生存期間で ...

一次治療後に病勢進行したPTEN欠損型進行性胃がんに対するパクリタキセル+PI3Kβ選択的阻害薬GSK2636771併用療法、無増悪生存期間12.1週を示す

2021.08.13

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・一次治療後に病勢進行したPI3K/AKT経路の遺伝子変異を有する進行性胃がん患者が対象の第1b/2相試験 ・パクリタキセル+PI3Kβ選択的阻害薬GSK2636771併用療 ...

治療抵抗性、再発または転移性子宮頸がんに対するファーストライン治療としてのキイトルーダ+化学療法、全生存期間と無増悪生存期間を延長

2021.07.05

  • ニュース

6月22日、米Merck社は、治療抵抗性、再発または転移性子宮頸がんのファーストライン治療として抗PD-1抗体薬であるキイトルーダ(一般名:ペムブロリズマブ、以下キイトルーダ)+化学療法の有効性と安全 ...

エストロゲン受容体陽性HER2陰性/トリプルネガティブ転移性乳がん対するパクリタキセル+アリゼルチブ併用療法、パクリタキセル単剤療法に比べて無増悪生存期間を改善

2021.05.18

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・エストロゲン受容体陽性HER2陰性/トリプルネガティブ転移性乳がん患者が対象の第2相試験 ・パクリタキセル+Alisertib(アリゼルチブ)併用療法の有効性・安全性をパク ...

脆弱な高齢卵巣がんに対するファーストライン治療としてのカルボプラチン単剤療法、カルボプラチン+パクリタキセル併用療法に比べてフィジビリティ率は低率

2021.05.17

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・脆弱な高齢卵巣がん患者が対象の第3相試験 ・ファーストライン治療としてカルボプラチン単剤療法の有効性・安全性をカルボプラチン+パクリタキセル併用療法と比較検証 ・6サイクル ...

腹膜転移を伴う胃がんに対するパクリタキセル腹腔内投与+カペシタビン+オキサリプラチン併用療法、全生存期間14.6ヶ月を示す

2021.02.16

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・腹膜転移を伴う胃がん患者が対象の第2相試験 ・パクリタキセル腹腔内投与+XELOX併用療法の有効性・安全性を比較検証 ・全生存期間は14.6ヶ月で、全身化学療法群と比較して ...

再発卵巣性索間質性腫瘍に対するパクリタキセル±アバスチン療法、臨床的意義のある上乗せ効果は示さず

2020.10.21

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・再発卵巣性索間質性腫瘍患者が対象の第2相試験 ・パクリタキセル±アバスチン併用療法の有効性・安全性を比較検証 ・6ヶ月無増悪生存率はパクリタキセル単剤群の71%対して、アバ ...

手術可能なトリプルネガティブ乳がんの術前化学療法に対するパクリタキセル+カルボプラチン併用療法、5年無病生存率86.5%を示す

2020.09.14

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・手術可能なトリプルネガティブ乳がん患者が対象の第3相試験 ・パクリタキセル+カルボプラチン併用療法の有効性・安全性を比較検証 ・5年無病生存率は86.5%で、標準療法80. ...

化学療法ナイーブの進行性肛門がん患者に対するカルボプラチン+パクリタキセル、全生存期間20.0ヵ月を示す

2020.07.08

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・進行性肛門がん患者が対象の第2相試験 ・シスプラチン+フルオロウラシル併用療法とカルボプラチン+パクリタキセル併用療法の有効性・安全性を比較検証 ・全生存期間はシスプラチン ...

未治療の早期トリプルネガティブ乳がん患者に対する術前化学療法としてのキイトルーダ+パクリタキセル+カルボプラチン、病理学的完全寛解率を統計学的有意に改善

2020.03.16

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・未治療の早期トリプルネガティブ乳がん患者が対象の第3相試験 ・術前化学療法としてのキイトルーダ+パクリタキセル+カルボプラチン併用療法の有効性・安全性を比較検証 ・病理学的 ...

未治療の進行性卵巣がん患者に対するベリパリブ+カルボプラチン+パクリタキセル併用療法後の維持療法としてのベリパリブ、無増悪生存期間を有意に改善

2020.01.10

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・未治療の進行性卵巣がん患者が対象の第3相試験 ・導入療法としてのベリパリブ+カルボプラチン+パクリタキセル併用療法などの有効性・安全性を比較検証 ・全患者群では病勢進行また ...

トリプルネガティブ乳がん患者に対するファーストライン治療としてのCapivasertib+パクリタキセル併用療法、無増悪生存期間、全生存期間を改善

2019.12.27

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・転移性トリプルネガティブ乳がん患者が対象の第2相試験 ・ファーストライン治療としてのCapivasertib+パクリタキセル併用療法の有効性・安全性を比較検証 ・プラセボ群 ...

HER2陰性BRCA1/2遺伝子変異陽性の進行性/転移性乳がん患者に対するベリパリブ+カルボプラチン+パクリタキセル併用療法、カルボプラチン+パクリタキセルに比べて無増悪生存期間を有意に改善

2019.10.30

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・HER2陰性BRCA1/2遺伝子変異陽性の進行性/転移性乳がん患者が対象の第3相試験 ・ベリパリブ+カルボプラチン+パクリタキセル併用療法の有効性・安全性を検証 ・カルボプ ...

ハイリスクを有する子宮内膜がん患者に対する化学放射線療法、放射線療法単独に比べて5年全生存率、5年無増悪生存率を統計学的有意に改善する

2019.08.08

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・子宮内膜がん患者を対象とした第3相試験 ・化学放射線療法の有効性・安全性を放射線療法単独と比較・検証 ・化学放射線療法群で死亡リスクを30%減少 2019年7月22日、医学 ...

切除不能/再発胃・胃食道接合部がん患者に対するセカンドライン治療としてのオプジーボ+サイラムザ+パクリタキセル併用療法、6ヶ月無増悪生存率46.4%を示す

2019.07.29

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・切除不能/再発胃・胃食道接合部がん患者が対象の第1/2相試験 ・セカンドライン治療としてのオプジーボ+サイラムザ+パクリタキセル併用療法の有効性・安全性を検証 ・主要評価項 ...

化学療法未治療のステージI~IV子宮または卵巣がん肉腫患者に対するパクリタキセル+カルボプラチン併用、パクリタキセル+イホスファミド併用に比べて無増悪生存期間を延長し、全生存期間は非劣勢を示す

2019.06.21

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・化学療法未治療のステージI~IV子宮または卵巣がん肉腫患者に対する第3相試験 ・パクリタキセル+カルボプラチン併用療法の有効性、安全性を比較検証 ・パクリタキセル+カルボプ ...

早期トリプルネガティブ乳がん患者に対する術前化学療法としてのIpatasertib+パクリタキセル併用療法、病理学的完全奏効率を統計学有意に改善せず

2019.06.07

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・早期トリプルネガティブ乳がん患者が対象の第2相試験 ・Ipatasertib+パクリタキセル併用療法の有効性・安全性を検証 ・病理学的完全奏効率はIpatasertib群で ...

進行性卵巣がん患者に対するファーストライン治療としてのトレバナニブ+パクリタキセル+カルボプラチン併用療法、無増悪生存期間を統計学的有意に改善しない

2019.05.22

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・FIGO進行期分類ステージ3~4進行性卵巣がん患者が対象の第3相試験 ・ファーストライン治療としてのトレバナニブ+パクリタキセル+カルボプラチン併用療法の有効性・安全性を検 ...

進行性トリプルネガティブ乳がん患者に対するファーストライン治療としてのIpatasertib+テセントリク+化学療法、客観的奏効率73%を示す

2019.05.08

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・進行性トリプルネガティブ乳がん患者が対象の第1相試験 ・1stライン治療としてのIpatasertib+テセントリク+化学療法の有効性・安全性を検証 ・客観的奏効率は73% ...

中高リスクを有する早期子宮内膜がん患者に対する膣内照射+化学療法併用、全骨盤照射と同等の無再発生存率を示す

2019.04.25

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・中高リスクを有する早期子宮内膜がん患者が対象の第3相試験 ・膣内照射+化学療法併用の有効性・安全性を比較検証 ・全骨盤照射と同等の無再発生存率を示し、治療関連有害事象に大き ...