10/12(土)開催【胃がんキャラバンin富山】お申込み受付中!

アンドロゲンシグナル阻害薬アーリーダ、遠隔転移がない去勢抵抗性前立腺がん適応にて発売


  • [公開日]2019.05.22
  • [最終更新日]2019.05.22

5月22日、ヤンセンファーマ株式会社は前立腺がんの新規治療薬となるアパルタミド(商品名アーリーダ)の発売を5月30日より開始すると発表した。

アーリーダは、経口アンドロゲン受容体シグナル伝達阻害薬であり、前立腺がん細胞のアンドロゲンシグナル経路を遮断する。適応は「遠隔転移を有しない去勢抵抗性前立腺癌」となり、遠隔転移がない去勢抵抗性前立腺がんから使用できるアンドロゲンシグナル阻害薬として本邦初となる。

遠隔転移がない去勢抵抗性前立腺がん患者を対象とした第3相試験(SPARTAN試験;NCT01946204)において、主要評価項目である無転移生存期間(MFS)中央値は「アパルタミド+アンドロゲン除去療法(ADT)群」40.5ヵ月に対して「プラセボ+アンドロゲン除去療法(ADT)群」16.2ヶ月となり、プラセボ群に比べてアパルタミド群と投与することで転移及び死亡のリスク(MFS)が72%統計学的有意に減少することが示されていた(ハザードリスク比:0.28,95%信頼区間:0.23~0.35,p<0.0001)。

非転移性去勢抵抗性前立腺がんに対するアンドロゲン受容体シグナル伝達阻害剤アパルタミド、無転移生存期間(MFS)を統計学的有意に延長 The New England Journal of Medicine(オンコロニュース180220)

アーリーダの製品概要

製品名:アーリーダ®錠60mg
一般名:アパルタミド
効能・効果:遠隔転移を有しない去勢抵抗性前立腺癌
用法・用量:通常、成人にはアパルタミドとして1日1回240mgを経口投与する。なお、患者の状態により適宜減量する。
製造販売承認日:2019年3月26日
薬価基準収載日:2019年5月22日
発売日:2019年5月30日
薬 価:アーリーダ®錠60mg(60mg 1錠):2,281.90円
製造販売元:ヤンセンファーマ株式会社
プロモーション提携:日本新薬株式会社

文:可知 健太

×

リサーチのお願い


この記事に利益相反はありません。