【7月26日(金)/ 東京・日本橋】食道がんセミナー参加申込受付中!

血管内皮細胞増殖因子受容体;VEGFR;けっかんないひさいぼうぞうしょくいんしじゅようたい


  • [公開日]2016.11.25
  • [最終更新日]2016.11.25

血管内皮細胞増殖因子受容体(Vascular Endothelial Growth Factor Receptor: VEGFR)は、血管内皮増殖因子(vascular endothelial growth factor: VEGF)の受容体で細胞表面に存在します。

細胞外に存在するVEGFと結合すると活性化され、細胞内にシグナルを伝えます。VEGFのシグナルは血管新生を促進します。腫瘍では血管新生が亢進しており、血管新生を抑えて栄養や酸素の供給を断てば、腫瘍を兵糧攻めできると考えられ、VEGFのシグナルを抑える薬の開発が進められています。

VEGFRを標的とした薬には、スーテント、ネクサバールなどがあります。どちらも低分子化合物で、VEGFRだけでなく、様々な受容体型チロシンキナーゼなどに作用するキナーゼ阻害剤です。

作成:株式会社インテリム
logo

×

リサーチのお願い