バリアントvariant)とは、EML4-ALK転座を起こしているがん遺伝子異常において、ALK遺伝子と結合する部位の違いによる種類をさします。
EML4-ALK転座は肺癌特異的であり他の腫瘍では報告がありませんが、これまでに10 種類以上が明らかになっています。

 
作成:株式会社インテリム
logo

×

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »