肝臓がん患者さんとご家族対象 治療に関するアンケート調査にご協力ください

腫瘍崩壊症候群


  • [公開日]2018.01.30
  • [最終更新日]2018.01.30

腫瘍崩壊症候群とは、特にがん化学療法に感受性が高い腫瘍で、抗がん剤治療を実施した際に、時に腎不全、痙攣発作、不整脈による突然死をきたす病態のことです。これは腫瘍細胞の急激かつ大量の崩壊により細胞内物質が急激に細胞外に放出され、その代謝産物量が生体の処理能力を超えた結果とされ、早急に治療介入が行われます。現在では予防法として大量補液による尿量確保、お薬による尿酸コントロールが行われます。

 
作成:株式会社インテリム
logo

×