トリプルネガティブ乳がんとは、エストロゲン受容体・プロゲステロン受容体・HER2の3つ(トリプル)が腫瘍細胞に発現していない(ネガティブ)乳がんのことです。現在、乳がん全体の15~20%ぐらいがこのトリプルネガティブの患者といわれています。女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンは乳がんの発生と増殖に関する因子であり、がん細胞にこれらと結合できるタンパクが存在する場合はホルモン療法が有効となります。HER2もがんの増殖に関係するタンパクで、この遺伝子やタンパクが存在する場合はHER2を標的とした分子標的薬の効果が期待できます。しかし、トリプルネガティブ乳がんは、これらの因子とは全く関係ない発がんメカニズムを持つ乳がんですから、ホルモン療法も、HER2を標的とする分子標的薬も効かないので、一般的に予後が悪いと言われていました。現在、トリプルネガティブに効果を示す治療方法が開発中です。


人気記事