がんの用語辞典インテリム
LINEで送る
Pocket

治療抵抗性とはその病気に対して有効であると科学的に証明されている治療法を行っても、効果がみられなかったり、だんだんと効果が減弱し再発・再燃してしまう状態をいいます。

抗がん剤の場合は(耐性を示すことであり、これには治療の始めから抗がん剤が効かない自然耐性と、治療を続けていくうちに最初は有効であった抗がん剤が効かなくなってしまう獲得耐性があります。

作成:株式会社インテリム
logo

LINEで送る
Pocket

人気記事