毒性とは化学物質などによる、生物に悪影響を与える性質をいいます。通常は、毒性は一般毒性と特殊毒性に分けられます。

薬剤を開発する際に行う非臨床試験の中に、動物に被験物質を投与して有害な作用(毒性)の有無を検討し、薬物としてヒトに投与した時の安全性を確保するために行う毒性試験があります。

毒性試験の種類としては「単回投与毒性試験」、「反復投与毒性試験」、「遺伝毒性」、「生殖発生毒性試験」、「免疫毒性試験」)、「局所刺激試験」、「がん原性試験」や「依存性試験」などがあります。

作成:株式会社インテリム
logo


人気記事